※この記事及び関連記事には乱数調整について記述していますのでご注意下さい。

今回はHGSS・DPPtの徘徊乱数になります。
HGSSではライコウやラティオス等、DPPtではクレセリア・サンダー等の乱数調整ですね。

第4世代の固定乱数調整が基盤となります。第4世代の固定乱数については此方
基本的な説明は省かせていただきますので、ご注意下さい。
やり方自体は固定乱数とほとんど同じやり方ですので、説明もほぼ同じです。ただし、シンクロが使えない、ポケモンリーグではウツギ博士との通話ができない、シント遺跡ではペラップが実質使えない等、普段と違う事もあるのでその点はご注意下さい。

HGSSとDPPtの違いは初期SEEDの確認方法だけです。基本的にはHGSSもDPPtも同じやり方ですので同一記事に書かせていただきます。
DPPtのクレセリア・エムリットはまだ徘徊していない状態でのやり方となります。
HGSSの徘徊乱数はポケモンリーグで乱数調整を行いますが、その場合は乱数調整したい徘徊ポケモンのみを予め倒しておく必要があります(他の2匹は初期SEED確認に使うので残しておいて下さい)。個体値等をリセットして再度徘徊させるためです。

なお、エンテイは焼けた塔、ラティオス(ラティアス)はクチバシティでも乱数調整可能です(徘徊させる直前のみ)。ライコウはポケモンリーグのみです。
やり方自体は同じですが、焼けた塔は徘徊がまだいないので初期SEED確認が難しく、クチバシティはNPCが多いので難易度は上がりますので、基本的にはポケモンリーグでやる方法をオススメします。

いずれも1/30秒単位で時間を合わせなければならないので難易度はやや高いです。
場所によってはNPCによる邪魔が入ったりすることもあるので、初めて乱数調整に挑戦する方はNPCのいない場所から挑戦することを推奨します。

■徘徊ポケモン(徘徊扱いのものを含む)
●HGSS
 エンテイ・ライコウ・ラティオス(SS)・ラティアス(HG)
 ディアルガ(シント遺跡)・パルキア(シント遺跡)・ギラティナ(シント遺跡)
●DPPt
 エムリット・クレセリア・サンダー・フリーザー・ファイヤー


こんなものでしょうか。※何か忘れてるかもしれません。
実際に徘徊するポケモン(ライコウ等)と実際には徘徊しないポケモン(シント遺跡ディアルガ等)がいますが、乱数調整ではどちらも徘徊扱いです。
簡単にいえば、シンクロが効かない固定シンボルという感じですね。


■徘徊乱数調整の流れ(HGSSの場合)
01.シナリオをバッジ15個取得までで進めておく。(※16個取得すると四天王が強化される)
01.ポケモンリーグで乱数調整する場合は、乱数調整したい徘徊を予め倒しておく
02.必要なツール(PHS・エメタイマー)、捕獲ボールペラップ等を用意する。
03.PHSを起動して赤パネル個体値検索で希望の個体を探す。
04.結果が出たら、捕まえたい個体を選んで、起動時間を計算する。(PHS側で時間計算している方はそれを使う)
04.捕まえたい個体の初期seedをPHSの黄パネルに入力して徘徊リストを出しておく。
05.徘徊リストの目標値と被らないように徘徊位置を調整してから、ワタルとの戦闘前でセーブする。(階段までいくと自動的に進んでしまうので注意)
05.セーブしてから適当に開始してセーブし直す等でもOK。
06.先ほど求めた起動時間でゲームを開始する。
07.ゲームを開始したらポケギアのマップで徘徊位置を確認する。
07.徘徊位置徘徊リストを見比べて目標seedからどれだけ離れているかを確認する。
07.仮に6F早ければ年数を6年増やしてやり直す。(奇数ズレのときは奇数分増やす←重要)

07.リストになければ何度かやり直す。(それでも見つからない場合は個体値検索時間計算をミスしている可能性がある)
08.目標seedと一致したら、ペラップで必要数の消費を行う。
09.消費が済んだらワタルと戦闘して殿堂入りする。
10.殿堂入りしたら倒していた徘徊が復活しているので、実際に戦闘してマスターボールで捕獲して個体値等を確認する。
11.捕まえたら個体値が合っているか確かめ、合っていれば終了。(オシャレボールで捕まえたい場合はリセットしてオシャレボールで捕獲する)
10.違っていた場合、PHSの緑パネルを開いて目標seed等必要事項を入力して出力数を目標消費+50程度にして実行。
10.目標消費前後を探してどれだけ離れているかを確認する。離れている分だけ消費を増減させてもう一度6からやり直す。
10.緑パネルのリストになかった場合は、青パネルを開いて同様に必要事項を入力して実行。
10.初期seed・起動時間、消費等を確認してズレを修正してからもう一度6からやり直す。


こんな感じです。
ちなみにDPPtでは7番の初期seed確認の部分の徘徊の代わりにコイントスで確認することになります。
また、10番でクレセリア・エムリットの場合は徘徊後にセーブできないのでオシャレボールで捕獲したい方はいきなりオシャレボールで捕まえる必要がある点に注意です。
なお、DPPtでは殿堂入りは不要です。殿堂入りするとセーブしてしまうので注意です。
詳しくは後ほど記載するので、なんとなくこんな感じであるという認識をしていただければOKです。
説明だけではわかりにくい部分もあると思うので、実際にやりながら見ていただけるといいと思います。


■用意しておくと便利なもの

前準備として用意しておくと便利なものを一覧にしておきます。
コイントス・・・DPPtは必須。213番道路のホテルの民家(要ロッククライム)で貰えるポケッチのアプリです。
コイントス・・・初期seed確認で必要なので必ず用意するようにしてください。
ペラップ・・・・必須。おしゃべりを覚えさせて録音しておきましょう。消費の時に使います。
・ペラップ・・・・2匹いると非常に楽になるので是非2匹用意しましょう。1匹はそらをとぶを覚えさせておくと便利です。
マスターボール・・・個体確認にも使うので必要です。通常ボールでの捕獲が面倒な方も是非用意しましょう。
捕獲ボール・・・いわゆるボール厳選をするなら必須です。好きなボールを100個以上用意しましょう。
捕獲要員・・・・マスターボールを使わないときに弱らせるためのポケモンです。
・捕獲要員・・・・催眠技とみねうち・黒い眼差しが使えるドーブル、エルレイド等がオススメです。
秘伝要員・・・・秘伝技を1匹にまとめておくと移動が楽になります。そらをとぶはペラップがいるので、
・秘伝要員・・・・かいりき・波乗り・滝登り・ロッククライムの4つを覚えるポケモン(ビーダル等)がいると便利です。



■実際にやってみる
ここでは、HGSSでライコウを捕まえる例としてやってみます。
まずはツールを用意します。

PHS1.20.2 (おひるごはんさん)
エメタイマー

今回はこの2つだけでOKです。
第五世代では個体値検索とリスト作成は別のツールを使いましたが、第四世代ではこれ一つで大体のことはできます。


●PHSの使用
では、PHSを起動しましょう。
起動したら、赤パネルの[条件から検索]を開いて、必要事項を入力していきます。
140203-0005
この画面ですね。
使い方はいつもと同じです。個体値や消費などは必要に応じて変更してください。
今回は徘徊ですので[伝説(シンクロ不可)]で検索しましょう。
入力できたら実行を押してください。

140523-0001
このように結果が出たら、個体値や消費等を確認して希望のものを選びます。
例ではXY用に臆病めざパ氷個体を出すことを想定して検索してみました。
結果が出なかった場合は、個体値を妥協したり、消費数やフレーム数の上限を増やしたりしてもう一度実行してみましょう。
複数の結果が出た場合は、消費数の少ないものフレーム数の短いものを選ぶとよいです。

今回は画像の2匹目の結果を使うことにします。



次は、結果にある初期seedをコピーしてから、黄パネルの[seed調整]を開きます。
140203-0006
開いたら、先ほどコピーした初期seedをseed欄に貼り付けます。

前後出力数は30にして、HGSSなら金銀徘徊を選択、DPPtならコイントスを選択します。
その下は初期seed調査を選択しておきます。

2刻みで出力エンテイを先に処理分+秒が1ずれた分も表示は今は無視でいいです。

HGSSの方は徘徊しているポケモンにチェックを入れておきます。
例ではライコウを乱数調整するので、ライコウはチェックを外して、エンテイ・ラティだけにチェックが入っているようにします。
ラティを乱数調整する方はライコウ・エンテイにチェックという具合に変更してください。
最低でも1匹は徘徊している状態にしておきましょう。


ここまで入力を終えたら実行を押しましょう。
140523-0002
するとこんな感じになると思います。
赤色になっている初期seedが目標の初期seedになります。
これが初期seed確認で使うリストになります。(DPPtの方は○×がずらっと並んでいると思います)

シント遺跡で乱数調整する方でウツギ博士への電話内容で確認したい方は黄色パネル金銀電話にチェックを入れてリストを作成しましょう。
ただし、電話1回で1消費になるので消費の数え間違えに注意です。
電話でチェックする場合には、そのROMで受け取ったトゲピーをウツギ博士に見せておく必要があります。乱数調整に入る前に見せておくようにしましょう。
また、ポケルスに感染しているポケモンをポケモンセンターで預けていない場合、ウツギ博士との電話内容でポケルスの話が出ないので、[実行]ボタンの上にある「[菌] ポケルスが くっついた〜」のチェックを外してください。これでポケルスの話が無いバージョンのリストを作成することが可能です。
逆にポケセンでポケルスを一度でも預けている場合は、チェックは外さないようにしてください。
なお、ポケモンリーグでは電話は使えないのでご注意を。


●起動時間の計算
では、次に起動時間の計算をします。(PHS側で時間計算した方は飛ばしてください)
先ほどの赤パネル[条件から検索]の結果から計算します。
140523-0003
例ではこれですね。計算には下から3行分を使います。
月×日+分+秒:231
時:2
フレーム+年-2000:3001
この部分ですね。

いつも通り、フレームに空白時間を足しましょう。空白時間の計測方法については此方
私の場合はHGSSの空白時間は347Fなので、3001+347=3348となります。
これを秒に直すために60で割ると3348÷60=55秒余り48になります。
年数=2048年、待機時間=55秒がわかりましたね。

次にソフト選択の秒数を任意で決めます。私は10秒起動にしたいので10秒にします。
この起動時間(10秒)に先ほど求めた待機時間(55秒)を足します。10+55=65秒=1分5秒

次に月×日+分+秒:231とあるので、先ほど求めた1分5秒のうち5秒を引きます。231-5=226。
残り226で月×日+分を合わせればいいので、10月22日6分にします。(10×22+6=226)
何時は時:2ですので、2時になります。
これで時間計算は完了しましたね。

2048年10月22日02時06分05秒 ←初期seedの決定時間(続きから始めるを押す時間)
2048年10月22日02時05分10秒 ←ソフト選択の時間
55秒 ←待機時間(エメタイマーで測る時間)


こういうことになります。
ソフト選択時間初期seed決定時間から待機時間を引いた日付になるので、例では「分」が1分変わることに注意です。
ここまで計算できたら、次からは実際に乱数調整に入ります。

PHS本体は黄パネル[seed調整]を開いて置いておきましょう。

ここでようやくDSの電源が入ります。
必要なポケモンや道具等を用意して準備してください。
シント遺跡では手持ちは映画館アルセウスのみにしてください。シント遺跡の乱数ではペラップは使えないので、アルセウスを眠らせておく且つウツギ博士にトゲピーを見せておくことが必要です。
それ以外の徘徊乱数では、ペラップ2匹捕獲要員四天王を倒せる程度の戦力を手持ちに入れておきましょう。
そして、HGSSのライコウ・エンテイ・ラティは乱数調整したい子を1匹予め倒しておきます。(※2匹同時にやっても同じ個体値にはなりません)
(※焼けた塔でのエンテイ、クチバシティでのラティをその場で乱数する方は上記は無視して、徘徊させる直前でセーブしてください)

準備ができたら、各指定の位置まで進めてセーブしましょう。指定の位置は以下の通りです。
 HGSS:ライコウ・エンテイ・ラティオス → ポケモンリーグのワタルと戦う直前でセーブ。
 HGSS:ディアルガ・パルキア・ギラティナ → シント遺跡のシロナの指示に従って壇上に上がったらセーブ。
 DPPt:クレセリア・エムリット → 各目の前でセーブ。(徘徊する直前)
 DPPt:サンダー・フリーザー・ファイアー → ハクタイシティにいるオーキド博士の目の前でセーブ。(徘徊する直前)

HGSS
の方は黄パネルのリストの目標seedの徘徊位置セーブ時の徘徊位置被らないようにしてください。
DPPtの方は予めポケッチをコイントスに合わせておきましょう。
準備ができたら指定の位置でセーブしましょう。
140524_1734~01140524_1648~01
ライコウ等は左画像の位置、クレセリアは右画像の位置でセーブです。
(※指定の位置でセーブしている前提で話を進めますので、まだの方は先にセーブするところまで進めてください)


●DSの操作
ここで、先ほどの計算した日付(PHSで計算した方はその時間)を使います。
2048年10月22日02時05分10秒
例ではこの時間になりますね。この時間でソフト選択を行うことになります。
その前に、エメタイマーを起動して、待機時間を入れておきます。例では55秒=3300Fです。 

ピクチャ 13

※画像は使い回しなので秒数が例と違います。

画像はエメタイマーBIGを使用していますが、シンプルな方でもどちらでもいいです。

エメタイマーの準備が出来たら、DSの設定画面を開いて時間を変更しましょう。
例では2048年10月22日02時05分に設定します。設定したらすぐ電源を入れ直しましょう。
ソフトを選択する画面で秒数がくるまで待機します。
そして秒針が10秒を指した瞬間にソフト選択同時にエメタイマーを開始します。
開始したら、連打で進めて続きから始めるの画面で待機します。
140203_1348~01
この画面で待機です。
エメタイマーが0になった瞬間にAボタン
を押しましょう。

ゲームを開始したら、HGSSではポケギアのマップで徘徊位置の確認DPPtではコイントスを10回程度投げてメモしてください。
140523_1617~01
そして、PHSの黄パネルで出したリストと照らし合わせましょう。
140523-0002
今回のseedと目標seedの差を確認します。
目標seedは赤色になっているのでそれに合わせるように調整します。
この時、奇数ズレになっていた場合は、そのままやっても100%成功しないので、年数を奇数分増やしましょう。偶数ズレだった場合は年数を偶数分増減させます。
例では画像には見えていませんが、10F上側にあったので10年増やすことにしました。

仮に目標seedより4つ下側にあった場合は、4F遅いということなので、年数を4年減らせばOKです。逆に上側にあった場合はその分の年数を増やせばOKです。
とはいえ2F程度であれば、誤差の範囲ですので、年数を変えずに何回かトライしてみるといいです。
(ただし奇数ズレだった場合は、必ず奇数分を増減して直すようにしてください)


あとは目標の初期seedに合うまでひたすら繰り返しましょう
例では10年増やした後、2年減らした2056年でうまくいきました。(試行回数は15回ほどかかりました)


何回やってもリストに見つからない方は、一度適当にゲームを始めてセーブし直す等をしてみると改善されることがあります。
目標の徘徊位置セーブ時の徘徊位置が被っていると成功しないので、被らないように徘徊を移動させてからセーブし直すようにしましょう。
例では目標の徘徊位置がエンテイ36番道路・ラティ16番道路となっているので、それぞれそれ以外の場所にいる時にセーブし直す、という形になります。

たまに、ライコウとエンテイの徘徊位置がリストと逆になっている場合があります。その場合は、黄パネルエンテイを先に処理にチェックを入れてリストを作成し直しましょう。見落としがちなので注意してください。


初期seedが合ったら、あとは目標までペラップで消費を行うだけです。
ちなみに1回鳴かせて1消費です。おしゃべりを録音済みのペラップ2匹のステータス画面を上下に切り替えていけばスムーズに消費を行うことができます。

HGSS殿堂入りする場合は、追加で1消費されるので徘徊の数の自動消費と合わせて数える必要があります。(例だと徘徊2匹(2消費)+殿堂入り(1消費))
なお、シント遺跡では手持ちをアルセウス1匹にさせられるので、ペラップでの消費は行えません。この場合に限り、アルセウスを予め眠らせておくこととウツギ博士にトゲピーを見せておくことが必要となります。
眠りポケモンに話しかけることで4消費、ウツギ博士との電話で1消費が行えます。眠らせる方法としては、技「眠る」を使うか、夜の自然公園でホーホーが催眠術を使ってくるので適当に技を透かしながら催眠術が当たるのを待つ等しましょう。
なお、イベントで1消費発生するので、例と同じ消費数なら「145消費-徘徊数(3匹なら3消費)-受け取る(1消費)=141消費」にすればOKです。

DPPtの場合、コイントスでは通常消費は発生しない(代わりに孵化消費が発生しているが、固定乱数では関係ない)ので、赤パネルの結果で出た消費分をそのまま消費すればOKです。
クレセリア・エムリットは追加消費はないので、消費分そのままペラップを鳴かせればOKです。
ただし、サンダー・フリーザー・ファイアーは1匹ずつ順番にやっていく必要があります。ハクタイシティにいるオーキド博士に話しかけることで徘徊が開始しますが、1回目はサンダーのみ乱数調整ができます。(※ROMによってはサンダーではない可能性も有り?)
残りのフリーザー・ファイアーは次に乱数調整したい方だけを倒して殿堂入りすることで、またオーキド博士に話しかけると再度徘徊開始(個体値の再決定)がされるので、これを利用して残りの2匹も乱数調整ができるようになります。
なお、オーキド博士と話すことで1消費追加されるのと、すでに徘徊しているポケモンの数分消費が追加されるので注意です。例なら「145消費-オーキド(1消費)-徘徊の数(2匹なら2消費)」をペラップで消費すればOKです。
徘徊の追加消費をなくすには、乱数をしたい方だけを倒して殿堂入りし、殿堂入りしたら残りの徘徊しているポケモンを先に全て倒して(徘徊を0にして)から乱数調整に入ればOKです。乱数が終わったポケモンは先に捕まえておくといいですね。
また、ファイヤーは-5消費、フリーザーは+5消費されるようなので、その分も更に増減させる必要があります。(※ROMによっては消費数や順番が違うかもしれません)

例のライコウの場合では、消費は145になっているので徘徊消費等も含めて145消費なるように消費すればいいです。
145-徘徊数(2匹)-殿堂入り(1消費)=142回ペラップで消費すればOKです。


消費を済ませたらすぐにワタルと勝負します。クレセリア等はすぐに話しかけて徘徊させます。
140523_1640~01
勝負は普通に対戦して勝利すればよいです。

殿堂入り(徘徊開始)したら、マップを参考に追いかけてオシャレボールで捕まえましょう。
殿堂入りしている場合のみ、すでにセーブされているのでマスターボールで確認してからリセットしてオシャレボールを使って捕獲しても問題はないです。
(※クレセリアやエムリットは徘徊後にセーブしてしまうと失敗した際にやり直しのために殿堂入りしなければならなくなり手間がかかるので注意(復活はプラチナのみです))
シント遺跡の場合はムービーが終わったら手持ちに入っているので手持ちを確認しましょう。
140523_1648~01140524_1718~01
捕まえたら性格や個体値を確認します。
140523_1648~02140524_1719~01
このように個体値や性格が合っていれば成功です。お疲れ様でした!
(画像のライコウは臆病めざ氷個体、クレセリアは図太い5Vで捕獲しています)
なお、HGSSに限り、徘徊は乱数調整では必要となるので、他の固定シンボル等の乱数が終わるまで放置しておくと良いです。新たに殿堂入りしても倒していない限りは個体値等は変わらないので、エンテイやラティ系も同様に乱数調整可能です。


もし、個体値等が違っていた場合は、消費数を間違えたか初期seedが違った可能性があります。
その場合は、PHSの緑パネル[リスト作成]で確認してみます。
目標seed種類(伝説シンクロ不可)ポケモン名レベルを入力。
出力数目標の消費数+30程度(例なら145なので180程度)を入力して実行します。
140523-0004
するとこのように右側にリストが出るので、目標の消費数前後で今回違っていた個体がないか探しましょう。見つかった場合は、そのズレ分の消費を増減させてもう一度指定位置からやり直します。
目標値から2つ下にあった場合は、2消費多いということなので、2消費減らして再度やり直してみましょう。
(単に消費の数え間違いの可能性もあるので、その可能性が高い場合はそのままでOKです)


緑パネル
のリストでも見つからなかった場合は、青パネル[初期seedを検索]を開きます。
初期seedの決定時間性格ポケモン名レベル能力値等を入力。分+秒は±3程度にしておきます。例では6分5秒なので11±3程度ですね。
フレーム目標フレーム±500F程度(例はフレーム+年-2000:3001なので2500〜3500程度)、フレームの上の数値は500程度を入力して実行してみます。
140523-0005
結果が出たら、その結果の初期seedから違う点をあぶり出しましょう。
初期seedはaabbccccで構成されており、aa=月×日+分+秒bb=cccc=フレームで構成されているので、目標の初期seedとの差分を合わせる様に調整しましょう。
ちなみに初期seedは16進数なのでご注意を。

例で見比べてみます。

目標の初期seede7020bb9
今回の初期seede8020bb9

もしこんな結果だった場合は、今回引いた初期seedはaaだけが1多いということが分かりますね?
つまり、月×日+分+秒1多いので時間を1分減らすといった形になります。そうすれば、計算上はe7020bb9になりますよね。

2056年10月22日02時05分10秒 ←ソフト選択時間
2056年10月22日02時06分05秒 ←初期seed決定時間
55秒 ←待機時間

    ↓ これを1分減らして・・・
2056年10月22日02時04分10秒 ←ソフト選択時間
2056年10月22日02時05分05秒 ←初期seed決定時間
55秒 ←待機時間


こんな感じで調整していきます。

調整が終わったらその調整時間に合わせて時間設定からやり直しましょう。
同じように黄パネル→緑パネル→青パネルの順に見て行くようにします。黄パネルの時点で見つかればOKですね。
なお、結果に出るフレームは年数の下2桁を引いた値になっているので注意してください。例では3001-56年なので2945が当たりのフレーム数になります。
また、結果の「1つ目の性格値生成seedの位置」消費数とは別物なのでご注意を。

ライコウ等で失敗した場合は、もう一度倒してからワタルの前までいってやり直しということになります。
クレセリア等で失敗した場合は、リセットして目の前からやり直しとなります。

あとはひたすら初期seedと消費が合うまで頑張るのみです!
目標の個体値・性格が出たら終了です。お疲れ様でした。


なお、NPC消費が発生するところでは難易度は上がります。
徘徊乱数でNPC消費があるのは、クチバシティでラティ系の乱数調整をする場合のみです。
いかに手早くメニューを開き、消費を終えたら手早く外に出てダイゴとのイベントに入れるかが鍵となります。
ある程度NPCに消費されている前提で消費を減らすというのも手段としては有りですが、かなりの高等なテクニックですね。場合によっては有効なので試してみる価値はあると思います。



いかがだったでしょうか。
説明不足な点もあるかもしれませんが、乱数調整の参考になれば幸いです。
また追加点などあれば追記します。 



追記(5/23)
DPPtに関していろいろと追記しました。(三鳥など)

追記(5/24)
セーブ位置などの画像を一部追加。

【送料無料】【中古】DS ニンテンドーDS Lite ジェットブラック 任天堂 本体

【中古】ポケットモンスター ハートゴールド (ソフトのみ)ソフト:ニンテンドーDSソフト/任天堂キャラクター・ゲーム