※この記事及び関連記事には乱数調整について記述していますのでご注意下さい。

今回は、BW・BW2の配達員乱数をやっていきます。
なお、BW・BW2の固定シンボル乱数が基盤となります。固定乱数に関しては此方
乱数の基礎的な説明は省いていきますので、ご注意下さい。
難易度は低めです。固定乱数のシンクロがないバージョンと考えればOKですかね。戦闘がない分、此方の方が楽かもしれないです。

基本的にはBWもBW2も同じやり方ですので同一記事に書かせていただきます。
ポケモンセンター内の配達員から受け取るので、基本的にはNPCのいないポケモンセンターで乱数するようにします。BWではソウリュウシティ、BW2ではホドモエシティ等が該当します。

リセットマラソン(リセマラ。配達員からポケモンを受け取ったらデータを消してまた周回する)をする方は、NPCが1〜2人いるところで乱数すると思うので、その分はそれぞれ頑張りましょう。

なお、BW2ではいつも通り針レポートタイマーズレを確認します。
(針レポートのやり方は此処では記載しません。固定シンボル乱数の記事を参照してください)

場所によってはNPCによる邪魔が入ったりすることもあるので、初めて乱数調整に挑戦する方はNPCのいないポケモンセンターで挑戦することを推奨します。

とりあえず、さらっと、乱数調整の流れを書いておきますね。

■固定シンボル乱数調整の流れ(BWの場合)
01.『ふしぎなおくりもの』で贈り物を受け取っておく。(カードを受け取る)
02.必要なツール(SSS4bwseedlist)、ペラップ等を用意する。
03.ポケモンセンターの配達員の真横でセーブする。
04.SSS4を起動して個体値検索をかける。パラメータ特定がまだな人は此方へ。
05.結果が出たら、希望の個体を選んで、その起動時間でC-ギアOFFでゲームを開始する。(記載の1秒前に選択する←重要)
05.捕まえたい個体の初期SEEDをbwseedlistに入れて配達員リストを出しておく。(オフセットは0のままでOK)
06.最初は消費せずに受け取る。ゲームが始まったらすぐに配達員に話しかければOK。
07.受け取ったら個体値と性格を確認し、配達員リストと照らし合わせてオフセット位置を確認する。
07.リストの70前後にあればOK。近くに同じ性格・個体があれば、同じ時間で消費を増やして確定させる。
07.消費0のときにきた性格の位置がオフセットになる。(70にその性格があれば、オフセット70になる)
07.個体が見つからなかったら5からやり直し。
08.オフセットが確定したら、リストを一度閉じて、bwseedlistにオフセットを入力して再度配達員リストを開く。
09.目標の性格までの消費を確認し、さっきと同じ時間に起動して必要数消費を行って捕獲する。
10.目標の性格・個体値が出れば終了。でなければ9からやり直す。


こんな感じです。
BW2では針レポートで初期SEEDを確認してオフセットも特定できるので、当たりSEEDを引けばやり直す手間は省けます。配達員強制消費23(消費25)があるので、消費の際はその点に注意してください。
基本の流れは同じなので、大体こんな感じであるという認識をしていただければOKです。
これだけだとわかりにくい部分もあると思うので実際にやりながら見ていただけるといいと思います。


■用意しておくと便利なもの

前準備として用意しておくと便利なものを一覧にしておきます。
ペラップ・・・・必須。おしゃべりを覚えさせて録音しておきましょう。消費の時に使います。
・ペラップ・・・・2匹いると非常に楽になるので是非2匹用意しましょう。1匹はそらをとぶを覚えさせておくと便利です。

今回はこれだけでいけます。手持ちは個体確認をするので1匹以上は空けておくようにしましょう。


■実際にやってみる
ここでは、ブラック1でジラーチの配達員乱数を例としてやってみます。
まずはツールを使います。
SSS4
bwseedlist
今回はこの2つを使います。
最新のものはBW・BW2共通になっています。


●SSS4の使用
では、SSS4を起動しましょう。
起動したら、此方の記事で特定したパラメータとMACアドレスの入力と使用するROMを選択します。

左上に[nazo]ボタンがあるバージョンは、そこでブラック2・ホワイト2・ブラック・ホワイトを選択するのを忘れないようにしてください。
日本ROMでは選択するだけで問題ないですが、海外ROMの場合は直接入力する必要があります。

ここまでを入力し終えたら、すぐ右にある[保存]ボタンを押しておきましょう。
これで次回の起動時に入力を省くことができるので便利です。
(すでに保存している方は飛ばして下さい)

日付時刻は適当な範囲を決めます。
画像では全範囲にしていますが、10年等で区切ってもいいと思います。
検索結果が出なければ範囲を変えてみてください。

3DSキー入力のチェック欄は該当する人のみチェックしてください。
今回の例では使いません。キー入力については此方

個体値乱数列は固定シンボルや孵化乱数等、それぞれ異なる値になるのでご注意下さい。
今回は配達員乱数なのでBW・BW2ともに0になります。
 
個体値の方は希望する個体の上限・下限を決めます。
6Vが欲しい場合は上限・下限ともに全て31にすればOKです。
めざパは指定したい場合のみ変えておきましょう。
徘徊のチェックは今回は配達員乱数なので使いません。
画像では6Vで検索をかけるので全ては31〜31までの範囲にしています。
(※個体値が固定されているものは最後に補足したので参考にしてください)

性格値乱数列は70〜150ぐらいにしましょう。
消費が多くても良い方は上限を増やしても良いです。
BW2の方は針レポートで確認するので80〜でもいいかもしれません。
配達員乱数ではオフセット50前後+配達員強制消費23になるため、個体が出る最初の位置は大体70〜80程度になります。

最後に配達員検索にチェックを入れます。
[設定]性格乱数の位置を入力しましょう。ここの値はポケモンによって変わります。
ほとんど10でいけますが、少なくとも以下のポケモンは11になります。

●性格乱数の位置11のポケモン
・色サザンドラ(カリータ)
・ピカチュウ (PCT) ※電気玉所持
・ボルトロス (ミロスとう)
・トルネロス (ミロスとう)
・ピカチュウ (さくら) ※神速所持
・ポケセン15周年記念全般

これ以外にも性格乱数の位置が11のポケモンはいるかもしれません。
10と11の両方のSEEDを用意しておくと安心ですかね。

bandicam 2013-07-20 21-27-24-463bandicam 2013-07-21 15-42-49-064
入力を終えたらこんな感じになると思います。
ここまで全て入力を終えたら検索開始を押してしばらく待ちましょう。


すると下の方な結果が出ると思います。
bandicam 2013-07-20 21-29-06-260
結果が出なかった場合は、日付の範囲を広げて再度検索をかけてください。
あまりないとは思いますが、もし99年分検索しても欲しい性格の個体が出なかった方はキー入力を利用する手もあります。キー入力については此方の記事へどうぞ。


今回は画像の★印を付けてある陽気6Vを狙うことにします。
結果の見方は左から年,月,日,時,分,秒,Timer0,消費数,性格,H,A,B,C,D,S,めざパ,威力,初期seedとなっています。
結果は80,1,12,13,39,19,c79,140,ようき,31,31,31,31,31,31,あく,70,2AFD67EC5B231DB9です。 

つまり、80年(2080年)、1月12日13時39分19秒、Timer0:c79、消費140、性格ようき、個体値31-31-31-31-31-31、めざパ悪威力70、初期SEED:2AFD67EC5B231DB9、であるということですね。
Timer0はパラメータの確認なので、乱数の時には気にしなくてもいいので省きますね。

見やすくまとめると、

起動時間:2080年01月12日13時39分19秒
消費:140
性格:ようき
個体値:31-31-31-31-31-31めざ悪70
初期SEED:
2AFD67EC5B231DB9


こういうことですね。

この結果は別名で保存をしておくことで他の乱数でも使い回せます。名前はわかりやすいように「配達員乱数調整[10]」とでもつけておくといいと思います。([10]は性格乱数の位置を示しました)
注意点としては、保存をしておかないと、次の検索で上書きされて消えてしまうので、残しておきたいSEEDは別名保存するか保存用のメモ帳やエクセル等を用意しておくとよいです。

これで、とりあえずSSS4の操作は終わりになりますので、ここでSSS4本体は落として問題ないです。


●bwseedlistの使用
ここまで出来たら、bwseedlistを起動します。

まずは「初期seedを指定」にチェックを入れます。(※旧版では無いので省いてください。)
そして、先ほどの結果にある初期SEEDを入力します。オフセットは今は0のままで大丈夫です。
(※旧版では初期SEEDを8桁/8桁で分ける必要があります)


ここまで入力を終えたら[配達員リスト]を押してリストを出しましょう。
bandicam 2013-07-21 21-42-43-892
こんな感じに性格や個体値の書いてあるリストが出てきます。


ここまで大丈夫でしょうか?
bwseedlist本体はまた後ほど使うのでこのまま置いておきます。
ここでようやくDSの電源が入ります。
130721_2141~01
(※ここから先は『ふしぎなおくりもの』でカードを受け取った後、ポケモンセンターの配達員の真横でセーブしている前提で話を進めていきますので、まだの方はここで準備しておいてください)
(※また、カードを入れ替えることによって、配達員から受け取る順番を変えることができます。先に乱数調整したいものを前に持って来るようにしましょう)



●DSの操作
ここで、先ほどの結果から出た日付を使います。
2080年01月12日13時39分19秒
例ではこの日付になりますね。この時間でソフト選択を行うことになります。 

DSの設定画面を開いて時間を変更しましょう。
例では2080年01月12日13時39分に設定して、1秒前の18秒になったらソフト選択します。
いつも通り、ムービーが始まるまではボタン操作をしないで下さいね。
具体的には白い画面から黒い画面になるまでのようですが、私自身は確実性を高めるために流れ星が出るまで待っています。
そこまでいったら、ボタン操作解禁です。続きからを選択してC-ギアOFFでゲームを開始します。

ゲームを開始したら季節の表示がされますが、季節表示は飛ばしましょう
NPCがいるポケモンセンターだと、その間にも消費が進んでしまうからですね。
NPCがいないところなら急がなくても問題はないです。

では、ゲームを開始したらオフセットを求めていきます。
BW2の方は針レポートで初期SEEDを確認しましょう。針レポートに関しては固定シンボル乱数の記事に記載しているので、其方をご覧下さい。
オフセットの求め方も向こうと同じです。オフセットは大体50前後です。その辺りで探すようにします。
ただし、NPCがいるところではパターンリストの並び順通りにならないこともあるので注意してください。

また、後ほどにも記載しますが、受け取る時は配達員強制消費23が発生することを覚えておいて下さい。


●オフセットの求める
BW2の方は針レポートを利用して求めます。
BWでも針レポートを利用して求めることも出来ますが、此方では古典的なやり方を書きますね。

では、起動時間で起動して続きから始めたところまでは大丈夫でしょうかね。
ゲームを開始したら、一番最初は何もせずにすぐに配達員に話しかけてポケモンを貰いましょう
130721_2147~01130721_2146~01
受け取ったら個体値・性格を確認しましょう。個体値はポケモンの館さん等のブラウザツール等で確認できます。
例ではおっとりでこんな個体になりました。

個体値と性格を確認したら、先ほどbwseedlistで出した配達員リストと照らし合わせます。
bandicam 2013-07-21 21-42-43-892
例では性格おっとりが出てきたので探すと64の位置にありました。
大体70前後にあると思うので、その辺りを探すようにして下さい。
性格が見つかったら、個体値もその通りになっているか確認してください。

もし見つからなかった場合は、タイマーズレが起こったか、ソフト選択のタイミングが早いもしくは遅かった可能性もあるので、もう一度時間設定からやり直しましょう。


今回出た性格と個体値であった場合は、そこがオフセットとなります。
厳密にはオフセット配達員強制消費23の位置になりますが、針レポートを使っていない場合は、そこまで気にする必要はないです。

これで、オフセットが求められましたね。
オフセットが分かったら、リセットしておきましょう。
(針レポートを使って求めた方はそのまま消費に入ってOKです)


●本番(乱数調整に入る)
では、本番に入ります。BW・BW2ともに共通の部分になります。
さて、オフセットが分かったのでまたbwseedlistに戻ってオフセットを入力します。
例だと64だったのでオフセットは64を入力します。

入力が終わったら新しく配達員リストを出します
bandicam 2013-07-21 22-03-10-439
オフセットの位置が0のところに来ていますでしょうか。
これで残り何消費すれば、目標の性格に辿り着けるかがわかるようになりました。
例では76消費で目標性格・個体値が出るということがわかりますね。

あとは目標の性格・個体値までおしゃべりを録音したペラップを使って消費をしていくだけになります。
ただし、針レポートでオフセットを求めた方はレポート1回で1消費しているということと、配達員強制消費23があるので、その分を引く必要があります。(強制消費については最後の補足も参考にして下さい)
例えば、針レポート3回している場合は、レポート3消費+強制消費23=26消費分を残りの消費数から減らせばOKです。オフセットを入れた配達員リストで目標消費位置が30だった場合は、30-26=残り4消費をペラップで消費すればOKということになります。

BWの場合はまた同じ時間で起動して、ペラップで必要分の消費をしてから配達員に話しかければOKです。
(個体を見てオフセットを確認した場合は、配達員強制消費はオフセットを求めるときに合計しているので、減らす必要は無いです。針レポートでオフセットを求めた場合は先述通り減らして下さい)

目標の性格・個体値が出れば終了。お疲れ様でした。
もし出なかった場合は、タイマーズレが起こったか、ソフト選択のタイミングが早いもしくは遅かった、もしくは消費数を間違えた可能性があるので、もう一度確認してから時間設定からやり直しましょう。

130721_2154~01130721_2155~01
今回例で使った陽気6Vで取ったジラーチになります。
見ていただいたら分かる様に、受け取った日付は乱数をした日付ではなく、カードを受け取った日付になります。
日付を気にする方はおくりものを受け取る際に日付を変更しておきましょう。
(配布企画の際はコレを忘れていたので適当な日付になっていると思います。ごめんなさい。)


以上で配達員乱数は終了です。続けて他の配達員乱数をする場合は、セーブしてから同じように起動して消費すればOKです。
ポケモンによっては性格乱数の位置が違うこともあるのでその点は注意してくださいね。


●補足
調べてみると、いろいろ仕様があるポケモンも多いようです。

個体値が固定
されているポケモンは、SEEDの個体値にその固定されている個体値が割り込み、右にズレてしまいます
例えば、B31固定のポケモンを05-10-15-20-25-30の個体値のSEEDでやるとします。
すると、05-10-15-20-25-30のBの部分に31が割り込みして、その後ろの部分が右にズレていくので、実際に出る個体値は05-10-31-15-20-25になります。はみ出した30は無視されます。
同じSEEDでS31固定なら05-10-15-20-25-31になるということですね。
映画前売り券ミュウツーのようにC31S31と個体値が2つ固定されているものも同じように処理します。さっきと同じSEEDでやると05-10-15-31-20-31の個体値になるということです。同じくはみ出した25-30は無視します。
つまり、ミュウツーで5VA0個体を出したいなら31-00-31-31-×-×のSEEDを探せばOKということになります。(後ろのDSの個体値は割り込みによって無視されるので検索の際は0〜31でOKです)

同じように、「集めてもらおうキャンペーン」のフシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメに関してもフシギダネはB31固定、ヒトカゲがS31固定、ゼニガメがH31固定なので割り込み式になります。ただし、この3匹に関しては通常の割り込み式と違って左にズレるようです。
例えば、05-10-15-20-25-30のSEEDでフシギダネをやると10-15-31-20-25-30となり、はみ出した05は無視されます。同じSEEDでヒトカゲだと、10-15-20-25-30-31、ゼニガメなら31-10-15-20-25-30になります。
つまり、ヒトカゲでめざ氷個体を出したいなら、×-31-30-30-31-31のSEEDを探せばOKということですね。(前のHの個体値は割り込みによって無視されるので検索の際は0〜31でOKです)
なお、この3匹に関しては配達員強制消費20のようです。針レポートでオフセットを特定した方は注意するようにして下さい。

また、シングル最強ポケモン・R団ニャース・ポケモンセンター15周年記念のポケモンは配達員強制消費25になるようです。
それ以外は大体配達員強制消費23です。
配達員個体値の説明
画像用意してみました。説明は上記通りですね。


いかがだったでしょうか。
説明不足な点もあるかもしれませんが、乱数調整の参考になれば幸いです。
また追加点などあれば追記します。 


追記(7/22)
補足等追記しました。 

追記(7/24)
誤字などの修正・追記しました。  

【中古】ニンテンドーDSソフト ポケットモンスター ホワイト2

【中古】ニンテンドーDSソフト ポケットモンスター ブラック2