※この記事及び関連記事には乱数調整について記述していますのでご注意下さい。

今回はBW2のハイリンク乱数をやっていきます。
BW1のハイリンク乱数とはツールや個体値決定場所等が異なるので同じようにやってもできません。
BW1のハイリンク乱数は此方

ハイリンク乱数はPDW(ポケモンドリームワールド)で出会ったポケモンをハイリンクの森に連れて来て、そこで乱数調整するという形になります。
今回も固定シンボル乱数を基礎知識として頭に入っている前提で話を進めていきます。
また、文章の簡略化のため、基礎部分の説明は省きますので注意するようにしてください。

やり方はBW1の徘徊乱数に近い感じだと思います。「固定乱数」に「性格探し」が追加されたようなそんなイメージですね。とはいえ、徘徊と違ってある程度はリストで予測は立てられるのでそこまで難しくはしないと思います。BW2特有のタイマーズレの多さは多少気になりますが、慣れれば大したことではないでしょう。

このハイリンク乱数ではゲーム開始時はいつもどおりC-ギアOFFで開始しますが、その後C-ギアをONにすることになります。ただし、BW1と違って初期seedが変わることはないので、BW1のときのように1/60秒を合わせる必要はありません。
乱数に慣れている人なら性格探しを含めて2時間程度あればできるかなといった具合ですかね。ただし、ポケモン毎に性格のパターンが違って来るのでその点は固定シンボルよりも面倒な部分だと思います。なお、同じポケモンであれば性格パターンは同じなので同じようにすれば同じ性格が出せます。

また、BW1のハイリンク乱数と同じく、性格探しの際にはストップウォッチ(以後SW)も必要になるので用意しておいてください。
歩くことでなつき消費が発生して個体値がズレることがあるということも頭に入れておいてください。其方に関しても後ほど記載したいと思います。

■ハイリンク乱数調整の流れ(BW2の場合)
01.C-ギアを入手してPDWから欲しいポケモンをハイリンクの森に送っておく。
01.森の1つ目の部屋を乱数する1匹だけにして、残りを奥に移動させておくこと。
01.ジャッジを使って個体値を確認する場合は殿堂入りしなければならないので注意。
02.必要なツール(SSS4・bwseedlist・SW)、ペラップ捕獲ボール等を用意する。
05.手持ちを揃えたら、ポケモンリーグのポケセン前でセーブする。(1匹以上手持ちを空けておくこと)
04.SSS4を起動して個体値検索をかける。パラメータ特定がまだな人は此方へ。
05.結果が出たら捕まえたい個体を選び、その起動時間でC-ギアOFFでゲームを開始する。(記載の1秒前に選択する←重要)
05.捕まえたい個体の初期SEEDをbwseedlistに入れて固定リストを出しておく。(オフセットは0のままでOK)
06.針レポートで初期SEEDを確認したら、C-ギアの電源を押して「通信を始めますか?」の画面で待機
06.C-ギアONと同時にSWを開始させる。
07.C-ギアONになったら手早くハイリンクの森へ飛び、最短ルートで目標のポケモンのところに移動する。
07.この時にポケモンの動きを2回程度見てメモしておく。
08.動きをメモしたら「仲間にしますか?」の画面で待機する。
09.SWが目的の秒数になったら「はい」を押して戦闘開始、同時にSWは止めて何秒で押したか確認する。
09.ポケモンを捕獲する。
10.捕獲したら個体値が合っているか確かめる。合っていれば、 SWの時間と性格をメモする。
10.メモは同じ秒数で数回繰り返して再現性があるか確認しておくこと。
10.個体値が合っていなければリセットして、30歩程歩いてからセーブをし直して5からやり直す。
11.再現性を確認できたら、次からはSWの時間を1秒ずつ増やして性格をメモしていく。(3〜5秒分メモする)
11.この1秒ずつ増やしたときも同じ秒数で再現性があるか確認すること。
12.3〜5秒分のメモが終わったら、先ほど出した固定リストから性格の位置を確認する。大体消費80前後ぐらいを探す。
13.場所を特定したら、1秒で何消費程度しているか推測(予測)する。
13.予想しながら秒数を増減させたり、ペラップを鳴かしたりして目標の性格を目指す。
14.目標の性格が出たら、個体値を確認し、個体値も合っていれば終了。


こんな感じです。
性格探しが必要な点が固定乱数とは違うところですが、それ以外は大差はないかなと思います。
細かな注意点もあるので、実際にやりながら見ていただけるといいと思います。


■用意しておくと便利なもの

前準備として用意しておくと便利なものを一覧にしておきます。
ペラップ・・・・おしゃべりを覚えさせて録音しておきます。必須ではありませんが、消費の時に使えます。
・ペラップ・・・・2匹いると非常に楽になるので是非2匹用意しましょう。
捕獲ボール・・・いわゆるオシャレボールで捕まえたいなら必須です。好きなボールを用意しましょう。
秘伝要員・・・・空を飛ぶで個体値確認等でジャッジさんやめざパの方のところへ。ペラップに覚えさせてもいいですね。


■実際にやってみる
ここでは、ブラック2でケンタロスのハイリンク乱数を例としてやってみます。
まずはツールを使います。
SSS4
bwseedlist
今回はこれだけを使います。
リストを出してやる方法もありますが、かなりややこしいので今回は使いません。


今回から基礎的な部分の説明は省かせていただきますので覚え切れていない方は固定シンボル乱数を参考にしてください。


●SSS4の使用
では、SSS4を起動しましょう。
起動したら、此方の記事で特定したパラメータとMACアドレスの入力と使用するROMを選択します。

時間範囲と個体値範囲は希望する範囲を指定します。(画像では6Vで全ての年数分)

キー入力は該当する方のみ設定してください。キー入力については此方の記事へどうぞ。

個体値乱数列は固定シンボルや孵化乱数等、それぞれ異なる値になるのでご注意下さい。
今回はBW2のハイリンク乱数なので26になります。
徘徊ではないので徘徊のチェックは無視でOK。

性格値乱数列
は今回は特に弄る必要はありません。

BlogPaint
全て入力を終えるとこんな感じになると思います。
(※画像はバージョンが新版なので旧版のものは多少見栄えは違います)


ここまで全て入力を終えたら検索開始を押してしばらく待ちましょう。
(検索はかなり時間がかかるので、お茶飲んだりアニメ見たりしながら待ちましょう)


すると下の方な結果が出ると思います。
130615_0235~01
結果が出なかった場合は、日付の範囲を広げて再度検索をかけてください。
それでもSEEDは出ないことも有り得ます。その場合はA不問の5V等に妥協して再度検索をかけてください。
どうしても6V等の特定の個体が欲しいという方はキー入力を利用する手もあります。キー入力については此方の記事へどうぞ。


では、今回は秒数の少ない画像の結果の2個目を使うことにします。
結果の見方は固定乱数と一緒ですので割愛させていただきますね。

画像の結果をまとめると、
2092年10月05日16時23分08秒に起動
Timer0:1103
消費数:26
個体値:31-31-31-31-31-31めざ悪70
初期SEED:8ED464CF397CDAD8


こういうことですね。
これで、とりあえずSSS4の操作は終わりになりますので、ここでSSS4本体は落として問題ないです。


●bwseedlistの使用
ここまで出来たら、bwseedlistを起動します。

操作はいつもどおりです。
「初期seedを指定」にチェックを入れます。(※古いバージョンでは無いので省いてください。)
そして、先ほどの結果にある初期SEEDを入力します。オフセットは今は0のままで大丈夫です。
130615_0240~01
入力し終えたらこんな感じになります。(※古いバージョンでは初期SEEDを8桁/8桁で分ける必要があります)


ここまで入力を終えたら[固定リスト]を押して固定リストを出しておきましょう。
130615_0243~01
こんな感じに性格や○×の書いてあるリストが出てきます。
これで準備OKですね。

ここでようやくDSの電源が入ります。
(※PDWからハイリンクの森へ輸送が済んでいる前提で話を進めますので、まだの方は先に済ませておいてください)


●DSの操作
では、まずは忘れないうちに手持ちを揃えておきましょう。

・ペラップ2匹 (両方ともおしゃべりを覚えてさせてください)
・捕獲ボール (必要なら。好きなボールを用意しましょう)
・空を飛ぶ要員 (個体値確認のため飛び回るので。ペラップに覚えさせてもいいです)

上記のものを揃えれば、とりあえず大丈夫だと思います。
また、1匹分は手持ちを空けておくようにしてください。後ほどの個体確認が楽になります。
ペラップはおしゃべりを録音しておいてくださいね。


準備が終わったら、ポケモンリーグのポケモンセンター前でセーブしましょう。
130615_0236~01

ここから本番の乱数調整に入ります。
SWも使うので用意しましょう。


先ほどSSS4で出した時間にC-ギアOFF起動します。
例では2092年10月05日16時23分08秒ですね。

開始したら、針レポートで初期SEEDを確認してください。
針レポートに関しては固定シンボル乱数の記事で説明しているので其方を参考にしてください。


初期SEEDが合っていれば、C-ギアの電源ボタンを押して「通信を始めますか?」の画面で待機します。
130615_0237~01
SWを手にもって、C-ギアの通信を開始(C-ギアON)、同時にSWを開始します。
C-ギアONにしたらすぐにハイリンクへ移動します。


ハイリンクに入ったら最短ルートで森に向かいます。
森に入ったらポケモンの動きを2回分確認してください。振り向いたり、1歩動いたりするので必ず確認してメモしておくようにします。2回目の動きを確認できたら3回目の動きになる前に話しかけます。
人によっては3回目に間に合わないこともあるかもしれないので、そういう方は3回分の動きを確認するのも有りです。この確認回数は毎回同じだけ確認するようにしてください。

ポケモンに話しかけたら「仲間にしますか?」の画面で待機します。
130615_0238~01
最初はSWが25秒になったら「はい」を選んで戦闘を開始して捕獲しましょう。
(人によっては間に合わないこともあるのでSWの秒数は30秒や40秒等に変えてもOKです。その秒数が基準となります)
戦闘開始と同時にSWは止めるようにします。SWの止めた時間をメモしておきましょう。


捕獲できたら個体値性格を確認します。
個体値が合っていたら、その性格をSWの秒数に対応してメモしておきます。
例では25秒に臆病が出たので、SW25秒:臆病とメモをするといった感じです。

個体値が違っていた場合は、単に起動のタイミングが早い(遅い)か、なつき消費が起こっている可能性があります。
後者の場合は、一度リセットして一度ポケセン前で30歩程歩いてセーブをしなおしてもう一度やってみてください。


1回目が終わったら、2,3回ほど同じSWの秒数で繰り返して再現性があるかどうかを確認してみましょう。
ある程度再現が取れたら、次はSWの秒数を1秒増やして、また同じように性格をメモしていきます。
これを3〜5秒分をメモしていきましょう。
(この時点で目標の性格が出て個体値が合っていたら乱数終了になります。運が良かった方はお疲れ様でした。)


ある程度メモが溜まったら、先ほどbwseedlistで出した固定リストと照らし合わせてみましょう。
大体70〜80前後の場所にあることが多いようです。
130615_0243~01
例では25秒で出た臆病は68の位置にありました。この画像からは見えませんが一応99の位置にも臆病はありました。
そういった場合は他の秒数の性格を見ながらどちらであるかを見分けましょう。
例では26秒で陽気、27秒でゆうかんが出ていたので70付近が正解のようですね。
このように、リストと性格を見比べながら大体の位置を特定させましょう。

このように目星が付いたら、1秒でどれだけ進んでいるかペラップ1回でどれだけ進んでいるか等の規則性を調べていきます。
規則的で大体の動きが予想できそうならば、目標の性格が出る秒数を予想して目標性格が出るまで続けましょう。

あとはひたすら頑張るのみです!
目標の性格・個体値が出たら終了。お疲れ様でした。


BW1と違って1/60秒を合わせるような難しさはありませんが、BW2ではタイマーズレが多いためそれなりの時間はかかりますね。
とはいえ、BW1よりは遥かに楽になっていますし、ハイリンク限定のポケモンも多くいるので、是非ともできるようになっておきたい乱数の一つですね。


いかがだったでしょうか。
説明不足な点もあるかもしれませんが、乱数調整の参考になれば幸いです。
また追加点などあれば追記します。