こんばんは。有希です。

ジャパンカップ2013が終了しました。
参加された皆様、お疲れ様でした。

ポケモンワールドチャンピオンシップス2013 日本代表決定大会の出場権』を賭けた大会ということでガチで参加された方も多いのではないかと思います。
今回は雨PTとよく当たったように思います。前回に比べるとトリトドンは大分落ち着いた気がしますが、それでもそこそこの数はいたので毎度注意を払いながら対戦していました。
成績は波がありすぎて、正直自分でもよくわかっていませんが、前回よりひどいような気がします。今大会は全体的にレベルが上がっているような感じを受けました。さすが日本代表を決める大会だなと思いましたね。

4日間で全86戦46勝35敗5エラーで最終レート1511(※1試合分増えてないので実際はR1525ぐらい)R1527で終わりました。最高レートは1632でした。これを見ただけでも「?」が浮かぶかもしれませんが、これだけ波があったのも現実ですね。集中力が途切れたとかそういう問題だけではないような気がします。
今回も対戦前後エラーが多かったように思います。テンポがズレるのでできるだけ避けたいものですが、こればっかりはどうしようもないですね。
いつもながら10戦毎のレート変動を記録しているので晒しておきますね。(エラーは除外して確認しています)
0戦 R1500
10戦7勝3敗 R1538
20戦12勝8敗 R1530
30戦16勝14敗 R1506
40戦24勝16敗 R1567
50戦28勝22敗 R1522
60戦35勝25敗 R1598
70戦42勝28敗 R1597
80戦45勝35敗 R1511

×○○○○×E××○○○××××○○
×××
E×○○○××○○○○○×○○×
××○○○×××××××○○○E○○○
E○○○×○○××○○××××E×××



こんな感じでした。
前回と同じく勝っては負けてを繰り返していたのでレートがなかなか伸びずR1550前後をうろちょろしていましたが、50-70戦でエラーを除いて10連勝できたので最高でR1632まで伸びました。しかし、70-80戦で2連敗のち5連敗と連敗が続いてしまったので最終レートとしてはR1511R1527まで下がりました。
結果的には下がってしましたが、個人的には1600を越えることができたので満足です。できれば1600台をキープしたかったですが、それは叶いませんでしたね。止め時を見定めるのも大切だと思いました。
対戦してくださった皆様、ありがとうございました。

130506_2012~01
※最高レートに達した時のキャプチャーです。
130507_0001~01

※最終レート(85戦(うち5エラーなので実質80戦))のキャプチャーです。プラス最後に1勝しているので実際はもう少し上がると思います。→R1527でした。



ということジャパンカップ2013での使用率をまとめていきますね。
全86戦での使用率です。1人4〜6匹の選出画面に映ったポケモンの数です。選出率ではありません。

※()内の数値は全体(86戦)の中の割合です。
青色=準伝説・600族に色分けしています。

●使用率トップ30
1位 クレセリア・・・30人(34.8%)
2位 メタグロス・・・29人(33.7%)
3位 ボルトロス・・・28人(32.5%)【化身19人(22.0%)・霊獣9人(10.4%)】
4位 バンギラス・・・26人(30.2%)
5位 ラティオス・・・23人(26.7%)【化身11人(20.3%)・霊獣1人(1.8%)】

5位 ハッサム・・・・23人(26.7%)
7位 ニョロトノ・・・21人(24.4%)
8位 キングドラ・・・19人(22.0%)
9位 モロバレル・・・18人(20.9%)
10位 ランドロス・・・17人(19.7%)【化身1人(1.1%)・霊獣16人(18.6%)】
11位 ロトム・・・・・15人(17.4%)【水8人(9.3%)・火3人(3.4%)・氷2人(2.3%)・草2人(2.3%)
11位 ローブシン・・・15人(17.4%)
11位 シャンデラ・・・15人(17.4%)
14位 ガブリアス・・・12人(13.9%)
15位 カポエラー・・・11人(12.7%)
15位 トリトドン・・・11人(12.7%)
17位 サザンドラ・・・10人(11.6%)
17位 ズルズキン・・・10人(11.6%)
17位 ウルガモス・・・10人(11.6%)
20位 ユキノオー・・・7人(8.1%)
20位 ギャラドス・・・7人(8.1%)
22位 ヒードラン・・・6人(6.9%)
22位 ラティアス・・・6人(6.9%)
24位 スイクン・・・・5人(5.8%)
24位 ボーマンダ・・・5人(5.8%)
24位 カイリュー・・・5人(5.8%)

24位 ルンパッパ・・・5人(5.8%)
24位 ドリュウズ・・・5人(5.8%)
24位 ゴウカザル・・・5人(5.8%)
24位 キュウコン・・・5人(5.8%)
24位 トゲキッス・・・5人(5.8%)

※あくまでも私と当たった方の集計です。個人によっては多少ばらつきがあります。



上位3位には前回のトップ3入りのクレセリアとメタグロスが入り、バンギラスを差し置いてボルトロスがランクインしています。ボルトロスは雨PTでなくても霊獣フォルムを使っている人もいて、なかなか辛かったですね。
少し下にはダブルバトルではお馴染みのハッサムやラティオス、モロバレル等が並んでいますね。
冒頭にも言いましたが、今回は雨PTが多かったように思います。逆にブルンゲルやナットレイ等はあまり見かけませんでしたね。雨ミラー戦が多く、キングドラは同速対決に、霊獣ボルトロスミラーでは此方は手出しできないので、毎度苦戦を強いられました。やはり手早く処理できるように此方のボルトロスもめざ氷個体の方が安心できそうです。めざ飛個体ならモロバレルを確2にできたり、一貫性を取りやすいので使い勝手が悪いわけではありませんが、ランドロスやラティオス等が多い今回のような環境では氷技が欲しい場面が多かったように思います。PT次第ですので他で補えるならそれでも構わないと思いますけどね。


今回使用したPTの詳細は此方になります
【雨PT】ジャパンカップ2013で使用するPT【ダブル】

○ニョロトノ  :選出数:67回(77.9%) , 先発数:50回(74.6%)
○キングドラ  :選出数:65回(75.5%) , 先発数:51回(78.4%)
○霊獣ボルトロス:選出数:68回(79.0%) , 先発数:24回(35.2%)
○ズルズキン  :選出数:59回(68.6%) , 先発数:16回(27.1%)
○クレセリア  :選出数:22回(25.5%) , 先発数:11回(50.0%)
○メタグロス  :選出数:63回(73.2%) , 先発数:20回(31.7%)

使用感としては、何度も言っているように雨ミラーが辛いです。特に霊獣ボルトロスがいる雨PTには勝率がぐんっと下がります。
以下は相手の各ポケモン毎の選出されたときの勝率になります。(※一部のみ)

霊獣ボルトロス:2勝6敗(勝率25.0%) 隣:キングドラ・霊獣ランドロス等
化身ボルトロス:8勝9敗(勝率47.0%) 隣:ラティオス・サザンドラ等
キングドラ  :10勝4敗(勝率71.4%) 隣:ニョロトノ・霊獣ボルトロス等
ラティオス  :7勝9敗(勝率43.7%) 隣:化身ボルトロス・モロバレル・水ロトム等
トリトドン  :9勝2敗(勝率81.8%) 隣:バンギラス・トルネロス等
モロバレル  :5勝9敗(勝率35.7%) 隣:ラティオス・ブルンゲル等
水ロトム   :4勝3敗(勝率57.1%) 隣:ラティオス・バンギラス等
ユキノオー  :3勝4敗(勝率42.8%) 隣:ヒードラン・氷ロトム等
バンギラス  :14勝10敗(勝率58.3%) 隣:ドリュウズ・クレセリア・水ロトム等
ハッサム   :5勝10敗(勝率33.3%) 隣:ラティオス・クレセリア・化身ボルトロス等
メタグロス  :11勝4敗(勝率73.3%) 隣:クレセリア・ギャラドス等

こんな感じです。
見て分かる通り、霊獣ボルトロス以外にもモロバレルやハッサム辺りを選出されると3割程度しか勝てていません。モロバレルはキノコの胞子より怒りの粉が厄介だと感じました。ハッサムは剣の舞からの先制技連打で半減でもかなり持っていかれるのでかなり辛いです。いずれも隣でトリックルームをされることもあるので余計に重たく感じますね。
トリトドンは前回の失敗を生かして対策したおかげもあり、なかなかの勝率を保てました。あとは霊獣ボルトロスやモロバレルはもちろん、使用率の高いバンギラスやラティオス辺りをもう少し対策していきたいところですね。ハッサムはニョロトノや霊獣ボルトロスでもなんとかなるのでいかに手早く処理できるかが鍵となりそうです。パッと思いついたものではシャンデラや霊獣ランドロス辺りがよさそうな感じですね。

ニョロトノの凍える風、水のジュエルへの変更はかなり役に立ちました。霊獣ボルトロスやメタグロス等の中速以下のポケモンが多いので普通に使いやすかったです。ただ、やはりラティオスへの打点が薄くなってしまったのでそういう点で苦戦した部分もあるかもしれません。2回凍える風を当ててもニョロトノ自身が抜けない点も不便なところです。
キングドラは身代わりが生きることもありましたが、守るの方がいいと思いました。隣のニョロトノやクレセリアで凍える風や電磁波でサポートしたい場面があっても身代わりだと猫騙しが止められないので引かざるを得なくなる点で守るの方が優先度は高いと思います。身代わりは身代わりで悪戯心以外の威張るや電磁波等を防げるのと、濁流の追加効果との相性も良いので弱くはないんですけどね。あとは純粋にキングドラミラーでの同速対決も守ると凍える風を使えば優位に立てるようになるのでそういう点でも守るの方がいいと思います。
ズルズキンのバークアウトはかなり強かったです。範囲攻撃としても役に立ちますし、耐久も高めなので威嚇+バークアウト+ドレインパンチで粘り強く戦えました。
霊獣ボルトロスは気合い玉が欲しい場面が多かったです。とはいえ、抜く技が難しいですね。草結びを気合い玉にしてもいいかもしれませんが、命中不安なのでどっちもどっちでしょうか。主にサザンドラやバンギラスに撃ちたくなりました。ナットレイは今回は遭遇率は低かったのでそれほど必要性はなかったかもしれませんが、今後増えるようなら草結びの枠を入れ替えてもいいかもしれません。
クレセリアはハッサムやウルガモス、サザンドラ、バンギラス辺りを見るだけで出し辛くなるので、そこまで選出できませんでしたが、電磁波+威張るや神秘の守り+威張るでのサポートはやはり強いと思います。ビデオにもありますが、電磁波+威張るは本当に強いですね。運ゲと言われれば確かにそうですが、此方もリスクを背負っているわけですし、お互い様でしょう。
メタグロスは火力が高く耐性もあるのでかなり頼もしかったです。技を縛られる点で不便な部分もありましたが、それを越える魅力が鉢巻にはありますね。


◆バトルビデオ◆
98-68465-35809 能力ダウンを活かせ
15-61212-98088 威張るは攻撃技
11-07775-20346 最初で最後のトリック

今回は3つだけビデオを撮らせていただきました。
此方の立ち回り等は正直参考にならないかもしれませんが、それぞれのポケモンの良さはお分かりいただけるかと思います。
対戦して下さった皆様ありがとうございました。


ということで今日はここまでです。
それではまた。


追記(5/9)
ランキング公開により最終レート確認しました。