こんにちは。有希です。

前回のAPRILと同じくジャパンカップ2013で使用するPTを晒しておきますね。
今回も前々回使用した雨PT前回使用した雨PTを弄ったもので挑みます。
前回と同じく同じポケモンも使っていることもあって、育成はすでに終えていますが本番までに変更する場合もあります。
 
ニョロトノ(雨降らし)@水のジュエル
冷静HCベース【ハイドロポンプ/目覚めるパワー草/凍える風/手助け】
キングドラ(すいすい)@ドラゴンジュエル
臆病CS極振り【流星群/竜の波動/濁流/身代わり】
霊獣ボルトロス(蓄電)@電気のジュエル
臆病CSベース【雷/目覚めるパワー飛/草結び/挑発】
ズルズキン(威嚇)@食べ残し
勇敢HAベース【猫騙し/噛み砕く/ドレインパンチ/バークアウト】
メタグロス(クリアボディ)@拘り鉢巻
意地HAベース【コメットパンチ/思念の頭突き/アームハンマー/トリック】
クレセリア(浮遊)@ゴツゴツメット
臆病HSベース【サイコキネシス/電磁波/威張る/神秘の守り】


詳しい調整は後ほど。
今回使用するPTは前回と同じくニョログドラ軸の雨PTになります。

先に前回との変更点を書いておきますね。
OUT
霊獣ランドロス・シュバルゴ
IN
ズルズキン・メタグロス
●変更点
ニョロトノ:調整そのまま。持ち物をジャポの実→水のジュエルに変更。
ニョロトノ:技構成を冷凍ビーム→凍える風に変更。
キングドラ:調整そのまま。持ち物を拘り眼鏡→ドラゴンジュエルに変更。
シュバルゴ:技構成を冷凍ビーム→身代わり変更。
霊獣ボルトロス:調整Sを最速にその他微調整。持ち物を命の珠→電気のジュエルに変更。
霊獣サザンドラ:技構成をボルトチェンジ→草結び、気合い玉→挑発変更。
クレセリア:調整そのまま。技構成を雨乞い→電磁波に変更。


前回と比較して全て何かしら変更しています。
ニョロトノは特に調整は変えずに水のジュエルに戻すことで後出しバンギラスに強くしました。冷凍ビームを切って凍える風を入れたのでラティオスやモロバレルへの打点は弱くなりましたが、素早さを下げることで此方のキングドラや霊獣ボルトロスを動かしやすくします。
キングドラは拘り眼鏡で使っていましたが、相手の先発ラティオス(守る)+後出しバンギラス(もしくは日本晴れ)等で回避されることも多かったので、身代わりを投入してその戦法を打ち砕きます。仮にラティオス側が初手で攻撃してきても先手身代わりで回避できるのでまだチャンスはあります。身代わりを読まれて集中攻撃されないように注意したいところです。また、後出しバンギラス等が拘りスカーフ持ちだと岩雪崩等で先に身代わり壊されて更にラティオス等の追撃を受けてしまうので、後出しされるターンにニョロトノは凍える風をしなくてはいけなくなります。凍える風が当たれば拘りスカーフを打ち消せるので、ラティオス側が守っていれば先手になり、その攻撃は身代わりが防いでくれるはずなので、ラティオス側は捨てるか引くか、あるいは身代わりをするか等の選択になるはずです。最初のターンにラティオス側が突っ張ってキングドラを攻撃した場合は身代わりは残っていませんが、凍える風が当たっていれば此方の方が素早いはずなのでラティオス側は守るか引かざるを得なくなります。ニョロトノに攻撃してきた場合はラティオスのジュエル流星群なら高乱数で耐えるので、その場合は身代わりの残っているキングドラがいるのでラティオス側に対しては有利に見えますが、後出しバンギラス等の天候ダメージを含めるとニョロトノは落ちる可能性が高いので後々不利になる場合もあります。なので必ずしも身代わりが最安定というわけではありません。その辺りは読み合いになるのでどういう立ち回りが一番有効かその都度考えなければなりません。当然、持ち物は身代わり採用なのでドラゴンジュエルに変更。小回りが効くのでそれなりに使いやすいです。
霊獣ボルトロスは電気ジュエルにすることにより破壊力と安定感を両立することに。前回の失敗を踏まえてトリトドン対策に草結びを投入、トリックルームを全く対策していなかったので挑発を投入。主にブルンゲルやモロバレル等にも打点が持てます。
ズルズキンは威嚇要員兼ね猫騙し要員として採用。耐久も高いのでラティオス等も相手できます。バークアウトでサポートも可能。最遅なのでバンギラスやブルンゲル等より遅く、トリックルームをされても抜く事が出来ます。
クレセリアは電磁波撒きにすることでラティオス等の早いポケモンにも対応できるようにし、雨に頼らなくてもキングドラやメタグロス等を動かしやすくしています。もちろん神秘の守り+威張るでメタグロス等のサポート役としても健在です。
メタグロスは威嚇の効かない物理アタッカーとして採用しており、ラティオスやクレセリア、ナットレイ等に強い点で重宝しています。竜受けとしても機能し、シュバルゴと比べるとやはり炎技で即死することが少ないので安定感が違います。拘り鉢巻を持たせることにより、クレセリアに頼らなくても火力を出すことができ、相手に負担をかけることができます。トリックを採用しているので、耐久型に対して鉢巻を渡すことで機能停止に追い込めます。


詳しい調整は以下の通りです。

※調整に関しては深く考えていないところもあります。
※備考欄の特に調整の書いていないものは極振り(252振り)です。(陽気トルネロス等)
※FCロトム=ウォッシュロトム等のフォルムチェンジしたロトムの事です。

ニョロトノ
特 性:あめふらし
性 格:れいせい
個体値:31-02-31-30-31-03
努力値:H204 B12 C208 D84
実数値:191-×-97-149-131-68
持ち物:ジャポの実
技構成:ハイドロポンプ こごえるかぜ めざめるパワー草 てだすけ
備 考:S=めざ草最遅。
備 考:HB=陽気トルネロス(167)ジュエルアクロバット確定耐え。
備 考:HD=控えめサンダー(194)10万ボルト確定耐え。
備 考:C=HD特化トリトドン(218-147)目覚めるパワー草で確定2発。

天候ミラー時に有利になれるよう最遅。めざ草でトリトドン・ブルンゲルに打点を持てるので出せる範囲は広め。
天候を変えてくるバンギラスやキュウコンに負担をかけるため水のジュエルに変更。凍える風や手助けでサポート役としても機能する。

キングドラ
特 性:すいすい
性 格:おくびょう
個体値:31-00-31-31-31-31
努力値:H4 C252 S252
実数値:151-×-115-147-115-150
持ち物:こだわりメガネ
技構成:りゅうせいぐん りゅうのはどう だくりゅう みがわり
備 考:S=最速。CS極振り。
備 考:C=H236D180穏やかFCロトム(155-165)手助けジュエル流星群確定1発。
備 考:(FCロトムのHD=臆病ラティオスジュエル流星群耐え調整。)

雨アタッカー。臆病最速なので雨ミラーや天候を変えられても上から叩けるように。
身代わりは流星群回避や状態異常対策として利用できる。その他、後出しバンギラスによる負担も減らし、濁流の追加効果による回避チャンスも増やせる。

霊獣ボルトロス
特 性:ちくでん
性 格:おくびょう
個体値:30-22-30-30-30-31
努力値:H120 B8 C104 D24 S252
実数値:169-×-91-178-103-168
持ち物:でんきのジュエル
技構成:かみなり めざめるパワー飛行 くさむすび ちょうはつ
備 考:S=最速。最速100族抜き。
備 考:HB=意地バンギラス(204)岩雪崩確定耐え(ダブル時)。
備 考:HD=臆病ユキノオー(144)吹雪確定耐え(ダブル時)。
備 考:C=HD特化ブルンゲル(207-172)ジュエル雷確定1発。

ブルンゲル等の水系対策として。モロバレルやウルガモス、化身ボルトロス等も相手できる点で優秀。
草結び採用によりトリトドンやバンギラスへの安定した打点を確保。挑発でトリックルーム等のコンボ封じにも。

ズルズキン
特 性:いかく
性 格:勇敢
個体値:31-31-31-31-31-00
努力値:H252 A156 D100
実数値:172-143-135-65-148-56
持ち物:たべのこし
技構成:ねこだまし かみくだく ドレインパンチ バークアウト
備 考:S=最遅。
備 考:HD=臆病ラティオス(182)ジュエル流星群最高乱数以外耐え。
備 考:HB=陽気ガブリアス(182)命の珠地震確定2発耐え(食べ残し込み)(ダブル時)。
備 考:AC=H4ラティオス(156-110-130)バークアウト+噛み砕くで確定(ダブル時)。
備 考:A=H252B20バンギラス(207-133)ドレインパンチ+噛み砕くで確定。

最遅でトリックルーム対策も兼ねた猫騙し+威嚇要員。バンギラスより遅いのでトリックルーム中は先手でドレインパンチを撃てる。バークアウトでサポートも。

クレセリア
特 性:ふゆう
性 格:おくびょう
個体値:31-00-31-31-31-31
努力値:H220 B12 C4 D20 S252
実数値:223-×-142-96-153-150
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:サイコキネシス でんじは いばる しんぴのまもり
備 考:S=最速。
備 考:HD=臆病ウルガモス(187)ジュエル虫のさざめき確定耐え。
備 考:HB=意地っ張りハッサム命の珠テクニシャン虫食い確定耐え。
備 考:C=H252D4カポエラー(157-131)サイコキネシス最低乱数以外2発。

いば神秘型。主に状態異常対策として採用。
此方は威張るで能力を上げたり、電磁波でサポートしたりいろいろと。ゴツゴツメットで接触攻撃技主体の相手にも打点が持てる。
決定打は低いが、麻痺+混乱で最後まで粘り強く戦える点で優秀。

メタグロス
特 性:クリアボディ
性 格:いじっぱり
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H156 A116 B4 D140 S92
実数値:175-187-151-×-128-102
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:コメットパンチ しねんのずつき アームハンマー トリック
備 考:S=4振り80族抜き。
備 考:HD=控えめキングドラ(161)手助け+命の珠雨濁流最大乱数以外耐え(ダブル時)。
備 考:HB=意地ガブリアス(200)命の珠地震確定耐え(ダブル時)。
備 考:A=H156B100モロバレル(209-103)拘り鉢巻思念の頭突き確定1発。
備 考:A=H236B12クレセリア(223-142)拘り鉢巻コメットパンチ最低乱数以外2発。

物理アタッカー兼ね鋼枠として採用。威嚇が効かないので決定力を保持しながら戦える点で優秀。
厄介なクレセリアやラティオス等を相手にでき、トリックで相手の耐久ポケモンを機能停止にできる。


※ダメージ計算は「ポケモン天国」さんの「ダメージ計算機 JS-5 for ポケモン ブラック/ホワイト 5.00」を使用しています。


こんな感じですね。
ランダムレーティングのダブルバトルで少し回してみましたが今のところ10勝4敗(勝率71.4%)です。
使用感として水ロトムやラティオスは立ち回り次第ですがやはり苦戦します。キングドラやメタグロス辺りでなんとかできなければ辛いですね。とはいえ、これ以上は変えようがない気がしています。
クレセリアは電磁波採用で安定してきたような気がします。ニョロトノやズルズキンは最遅にしているのでどうしても上を取られやすく、だからといって此方からトリックルームを使うのはリスクが高いので、電磁波で素早さと動きを封じることができるのはかなり使い勝手が良いです。
ズルズキンは電磁波や相手のトリックルームを考えないならしっぺ返しでもいいかもしれませんが、一応その辺りを使用する(される)ことを考えて噛み砕くを採用しています。2割防御ダウンの追加効果も強いですが、ここはPT次第で選択といった感じでしょうか。今のところ変更するつもりはありません。

現状はこんな感じですかね。
ジャパンカップ2013のエントリーは今日(5月2日)までですので、参加を検討されている方はお早めにエントリーを済ませておきましょう。


ということで今日はこの辺で。
変更等があれば追記していきます。
それではまた。