※この記事は前回記事の続きになります。

この記事から個別の考察をしていきます。
此方の記事で記載した要注意ポケモン(25匹)から順番に考察していきます。
この記事ではキュウコン・フーディン・カイリキー・ヤドラン・パルシェン・ゲンガー・ガラガラ・サイドンの8匹の考察をします。残りは次回以降です。

時間の都合上、簡単にしかできませんが何かのヒントになれば幸いです。


◎キュウコン
タイプ:ほのお 特性:もらいび・ひでり
種族値:73 - 76 - 75 - 81 - 100 - 100 (505)
持ち物:各種ジュエル・たべのこし・こだわりメガネ・こだわりスカーフ・ヨロギの実等
主な技:だいもんじ・オーバーヒート・ソーラービーム・エナジーボール・あくのはどう
主な技:サイコショック・めざめるパワー(氷・岩・電気)・フレアドライブ
主な技:ニトロチャージ・でんこうせっか・いたみわけ・どくどく・さいみんじゅつ
主な技:おにび・あやしいひかり・わるだくみ・めいそう・パワースワップ・かなしばり
主な技:おんねん・ほえる・にほんばれ・みがわり等
◆考察◆
初代では強い方ではなかったが、隠れ特性「日照り」を手に入れた事で劇的に強化されたポケモン。
種族値は平均的だが、特性「日照り」により炎技の威力が上がり、「ソーラービーム」も溜め無しで撃てるようになった。水技の威力も軽減できるので、水タイプに対しても強気で立ち回れる。
カントーカップでは他に特性で天候を変えることができるポケモンはいないので、対晴れPT対策は必須。入手難易度は高いが、隠れ特性のフシギバナとリザードンが晴れ環境でのトップメタであり、その主軸となるキュウコンの存在は大きい。
攻撃技はそれほど多くないが、補助技は多く、型が読みにくい。特に「身代わり」+「金縛り」のみがしば型や、「催眠術」+「悪巧み」の積みアタッカー型は読み間違えるとかなり痛い。
プテラやゴローニャ等の岩タイプでささっと対処したい。天候を雨に変えるのも手。



◎フーディン
タイプ:エスパー 特性:シンクロ・せいしんりょく・マジックガード
種族値:55 - 50 - 45 - 135 - 85 - 120 (490)
持ち物:各種ジュエル・こだわりメガネ・いのちのたま・きあいのタスキ・かえんだま等
主な技:サイコキネシス・サイコショック・みらいよち・きあいだま・シャドーボール
主な技:シグナルビーム・くさむすび・めざめるパワー(氷)・じこさいせい・でんじは
主な技:めいそう・ガードシェア・ひかりのかべ・リフレクター・トリック・ちょうはつ
主な技:かなしばり・アンコール・トリックルーム・みがわり・まもる等
◆考察◆
初代では猛威を振るったポケモンの1匹。
カントーカップではエスパー技の通りがよく、半減されるのは同族のエスパータイプとレアコイルのみ。それを特攻種族値135というトップクラスの特攻で放つことができ、更に特性「マジックガード」であれば「命の珠」を持たせても反動なしで火力を底上げすることができる。
アタッカーであれば同族対策に「シャドーボール」か「シグナルビーム」はほぼ確実に入っている。耐久力はそれほど高くないが、特殊方面は一致等倍技ぐらいなら無振りでも耐えることが可能。
高い素早さを生かした壁張りサポート型もいるかもしれない。



◎カイリキー
タイプ:かくとう 特性:こんじょう・ノーガード・ふくつのこころ
種族値:90 - 130 - 80 - 65 - 85 - 55 (505)
持ち物:各種ジュエル・こだわりスカーフ・くろいてっきゅう・かえんだま等
主な技:ばくれつパンチ・インファイト・クロスチョップ・ストーンエッジ・いわなだれ
主な技:がんせきふうじ・じしん・れいとうパンチ・かみなりパンチ・しっぺがえし
主な技:からげんき・バレットパンチ・しんくうは・なげつける・ねごと・ねむる
主な技:ビルドアップ・ひかりのかべ・アンコール・みやぶる・みがわり・まもる等
◆考察◆
4本の腕が特徴的な格闘ポケモン。
素早さと特攻は低いが、それ以外は平均以上でバランスがよく、特性「ノーガード」で必中になった「爆裂パンチ」で攻めることを得意とする。受け出ししてもゴーストタイプ以外は追加効果の混乱で自滅する恐れがあり、最後まで油断できない。
攻撃範囲も広いので非常に受け辛いポケモンだと言える。素早さの低いので「トリックルーム」で補助するか「拘りスカーフ」を持たせるとよさそう。ただし、「拘りスカーフ」の場合は最速でもフーディンを抜けないので注意が必要。
対策としては特性「ノーガード」であれば一撃必殺技を使えば此方も必中となるので確実に仕留められる。それがない場合は特性「マイペース」のヤドランが最適か。ゲンガーやマタドガスも格闘技を無効・半減にできるので一考の価値はある。



◎ヤドラン
タイプ:みず・エスパー 特性:どんかん・マイペース・さいせいりょく
種族値:95 - 75 - 110 - 100 - 80 - 30 (490)
持ち物:各種ジュエル・ゴツゴツメット・たべのこし・オボンの実・こだわりメガネ等
主な技:なみのり・ねっとう・サイコキネシス・サイコショック・れいとうビーム
主な技:だいもんじ・かえんほうしゃ・くさむすび・シャドーボール・シグナルビーム
主な技:なまける・でんじは・どくどく・あくび・めいそう・ドわすれ・ひかりのかべ
主な技:かなしばり・トリックルーム・トリック等
◆考察◆
ヤドンの尻尾にシェルダーが噛み付くとヤドランに進化するらしい。なお、図鑑での話なので進化にシェルダーは必要ではない。
弱点は多めだが、物理耐久が高く、再生技もあり、攻撃技・補助技も豊富。低い素早さは「トリックルーム」や「電磁波」で補える。
特性「再生力」に目が行きがちだが、「マイペース」なら「ノーガード」+「爆裂パンチ」を使ってくるカイリキーを安定して受けられる。
カイリキーを意識しないなら「再生力」の方が繰り出し性能が大幅に上がる。



◎パルシェン
タイプ:みず・こおり 特性:シェルアーマー・スキルリンク・ぼうじん
種族値:50 - 95 - 180 - 85 - 45 - 70 (525)
持ち物:各種ジュエル・きあいのタスキ・こだわりスカーフ・おうじゃのしるし等
主な技:つららばり・こおりのつぶて・シェルブレード・ロックブラスト
主な技:だいばくはつ・こうそくスピン・ハイドロポンプ・なみのり・れいとうビーム
主な技:こごえるかぜ・めざめるパワー(電気・草)・シグナルビーム・からをやぶる
主な技:てっぺき・どくどく・どくびし・まきびし・ねごと・まもる等
◆考察◆
頑丈な殻で身を守っているポケモン。特殊耐久はかなり低い。
物理耐久は高く、無振りでも「拘り鉢巻」持ちカイリューの「逆鱗」も耐えるほど。
特性「スキルリンク」により、「氷柱針」と「ロックブラスト」等の連続技は確実に5発繰り出すことができる。故に特性「マルチスケイル」や「頑丈」「気合いの襷」を持つポケモンにも強い。
積み技として「殻を破る」があるので、抜き性能も高く、対策しないと3タテもよくあること。
水タイプには有効打が少ないので、ニョロボンやヤドラン等で受けることができる。「目覚めるパワー電気・草」には注意。



◎ゲンガー
タイプ:ゴースト・どく 特性:ふゆう
種族値:60 - 65 - 60 - 130 - 75 - 110 (500)
持ち物:各種ジュエル・きあいのタスキ・くろいヘドロ・いのちのたま等
主な技:ヘドロウェーブ・ヘドロばくだん・シャドーボール・たたりめ・かみなり
主な技:10まんボルト・きあいだま・ギガドレイン・サイコキネシス・こごえるかぜ
主な技:めざめるパワー(氷)・ふいうち・カウンター・いたみわけ・のろい・みちづれ
主な技:ほろびのうた・おにび・さいみんじゅつ・どくどく・あやしいひかり・うらみ
主な技:かなしばり・ちょうはつ・くろいまなざし・トリック・トリックルーム
主な技:あまごい・にほんばれ・みがわり・まもる等
◆考察◆
カントーカップでは唯一のゴーストタイプのポケモン。
攻撃技・補助技ともに優秀で、タイプ相性で特にラッキーに対して強い。此方からは「黒い眼差し」+「毒毒」もしくは「呪い」等で削ってやりたい。
高い素早さから「身代わり」+「金縛り」のみがしば型もでき、普通にフルアタ型でも十分強い。
「神速」や「マッハパンチ」等の多くの先制技も無効にできるので「道連れ」も使いやすく、様々な型で採用されやすいので注意が必要。
非常に読み辛いポケモンであると言える。



◎ガラガラ
タイプ:じめん 特性:いしあたま・ひらいしん・カブトアーマー
種族値:60 - 80 - 110 - 50 - 80 - 45 (425)
持ち物:ふといホネ等
主な技:ホネブーメラン・じしん・じならし・ストーンエッジ・いわなだれ・げきりん
主な技:かみなりパンチ・ほのおのパンチ・げきりん・けたぐり・きあいパンチ
主な技:すてみタックル・つばめがえし・ほろびのうた・うたう・つるぎのまい
主な技:はらだいこ・ステルスロック・ねごと・みがわり等
◆考察◆
初代ではポケモンタワーの上層部で幽霊として現れたポケモン。
「太い骨」を持たせた状態で攻撃特化すれば実質攻撃種族値は212相当になる。(攻撃種族値125族の攻撃特化拘り鉢巻装備と同等の火力)
ただし、持ち物がバレバレであり、仮に別のアイテムを持たせると火力がガクッと下がるので「トリック」等に注意が必要。
素早さが低いので「トリックルーム」や「追い風」等のサポートがあると戦いやすい。
「腹太鼓」による無双も夢があるが、「オボンの実」を持たせにくい。狙うなら「リフレクター」「光の壁」等のサポートをしてやりたい。



◎サイドン
タイプ:じめん・いわ 特性:ひらいしん・いしあたま・すてみ
種族値:105 - 130 - 120 - 45 - 45 - 40 (485)
持ち物:各種ジュエル・しんかのきせき・こだわりハチマキ・いのちのたま等
主な技:ストーンエッジ・ロックブラスト・いわなだれ・じしん・メガホーン・げきりん
主な技:ドラゴンテール・ばかぢから・アームハンマー・アクアテール・ゆきなだれ
主な技:カウンター・つのドリル・どくどく・つるぎのまい・のろい・ロックカット
主な技:ステルスロック・ほえる・みがわり等
◆考察◆
ドリルのような角が特徴的なポケモン。進化前なので「進化の輝石」の効果を受けることができる。
物理耐久は高いが、弱点が多めで4倍弱点もあるので数値以上に脆く感じることも多い。
とはいえ「進化の輝石」を持たせて耐久に振ることでカイリューの「逆鱗」を3発耐えることもできる。
物理耐久は高いので「つのドリル」や「カウンター」で強引に潰すのも手。
攻撃も高いので鈍足アタッカーとしても使えるかもしれない。




文字数の都合で考察は次回以降に続きます。
カントーカップのエントリーが開始されましたね。自分はエントリーを済ませました。
参加を検討されている方は忘れないうちにエントリーしましょう。
それではまた。