こんばんは。有希です。

ポケモンセンターカップオンラインが無事終了しました。
マスターの部は定員に達したらしいですね。参加された皆様、お疲れ様でした。


公式大会とはいえ、普段のランダムと同じルールですので自分の使いたいポケモンを思う存分使えたのではないかと思います。
レーティングのような環境になるのかと思っていましたが、むしろフリーに近い感じでしたね。ランダムフリーにレートがつくような感じでした。
もちろんレーティングで見かけるようなPTも多かったです。

なかなか楽しませていただきました。
3日間で全89戦54勝33敗4エラー(うち対戦後のエラー2回)で最終レート1602で終わりました。ちなみに最高レートは1630でした。
最高で8連勝、5連敗を叩きだすなど不安定さは抜群でしたね。
また主に3日目でしたが、マッチング直後や対戦後のエラーが目立っていたように思います。公式大会とはいえWiFiを使う以上は仕方ないのかもしれませんが、なんとかならないものなんでしょうかね。。(ちなみにマッチング直後のエラーはエラー回数に含んでいません)
さておき、ずっと同じPTを使うといろいろ分かってくるので勉強にもなりました。今後のレーティング戦での参考にしようと思います。
対戦してくださった皆様、ありがとうございました。

121104_2352~01
※89戦(うち4エラーなので実質85戦)が終わった時のキャプチャーです




ということでポケモンセンターカップオンラインの使用率をまとめていきますね。
全89戦での使用率です。1人3〜6匹の選出画面に映ったポケモンの数です。選出率ではありません。

青色は準伝説・600族ポケモンです。
※()内の数値は全体(89戦)の中の割合です。


●使用率トップ30
1位 ハッサム・・・・31人(35.0%)
2位 ガブリアス・・・24人(27.1%)
3位 バンギラス・・・21人(23.7%)
3位 キノガッサ・・・21人(23.7%)
5位 カイリュー・・・19人(21.4%)
5位 マンムー・・・・19人(21.4%)
5位 ボルトロス・・・19人(21.4%)【化身フォルム13人(14.6%)・霊獣フォルム6人(6.7%)】
8位 ロトム・・・・・16人(18.4%)【ウォッシュ13人(14.6%)・ヒート2人(2.2%)・カット1人(1.1%)】
9位 ローブシン
・・・15人(16.9%)
10位 メタグロス・・・14人(15.8%)
10位 スイクン・・・・14人(15.8%)
12位 ラティオス・・・12人(13.5%)
13位 ナットレイ・・・11人(12.4%)
14位 シャンデラ・・・10人(11.2%)
14位 ウルガモス・・・10人(11.2%)
14位 サンダー・・・・10人(11.2%)
17位 クレセリア・・・8人(9.0%)
17位 ボーマンダ・・・8人(9.0%)
17位 ヒードラン・・・8人(9.0%)
20位 ブルンゲル・・・7人(7.9%)
20位 ニョロトノ・・・7人(7.9%)
20位 ギャラドス・・・7人(7.9%)
20位 ユキノオー・・・7人(7.9%)
24位 ドリュウズ・・・6人(6.7%)
24位 サザンドラ・・・6人(6.7%)
26位 グライオン・・・5人(5.6%)
26位 キングドラ・・・5人(5.6%)
26位 パルシェン・・・5人(5.6%)
26位 テラキオン・・・5人(5.6%)
30位 キュウコン・・・4人(4.5%)
30位 エルレイド・・・4人(4.5%)
30位 キリキザン・・・4人(4.5%)
30位 ハピナス・・・・4人(4.5%)
30位 ヤドラン・・・・4人(4.5%)
30位 バルジーナ・・・4人(4.5%)
30位 トゲキッス・・・4人(4.5%)
30位 ズルズキン・・・4人(4.5%)

※あくまでも私と当たった方の集計です。個人によっては多少ばらつきがあります。



ハッサムはやはり多かったですね。3人に1人は使っていたことになります。自分も使っていました。
やはり抜き性能が高く、羽休めによる耐久維持もできるため、いろいろなPTで活躍できますね。
そして予想より多かったガブリアスが2位に。その補佐にもなるバンギラスが3位、同率でキノコの胞子が脅威でかつ火力もあるキノガッサが3位でした。

こうして見ると、レーティングで猛威を奮っているポケモンが上位に入っていますね。
バンギガブ構築PTが10人と割と多く当たりました。ここ最近増えてきたということでしょうか。
砂嵐状態でガブリアスが残っていると最後まで運が絡むので怖いですね。今回の大会ではそれほど回避されなかったのが幸いでしたが。

またこういった対戦の機会があったときの参考になれば幸いです。





最後に私が使ったPTを紹介しますね。

※調整に関しては深く考えていないところもあります。


サザンドラ
特 性:ふゆう
性 格:ひかえめ
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H92 C196 S220
実数値:179-×-110-187-110-146
持ち物:こだわりメガネ
技構成:りゅうせいぐん あくのはどう だいもんじ きあいだま
備 考:最速80族抜き。H=意地A252バンギラスけたぐり+砂嵐ダメ1回分確定耐え。
    相手の調整次第だがマルスケカイリューも1発で落とせるときがある。
    クレセドランでの読み合いも熱いが、ヒードランが守る持ちだと使えない。


ボルトロス(霊獣フォルム)
特 性:ちくでん
性 格:おくびょう
個体値:30-30-30-30-30-31 めざ飛70
努力値:H168 B32 C128 S180
実数値:175-×-94-181-100-158
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:かみなり ボルトチェンジ めざめるパワー飛行 きあいだま
備 考:最速91族抜き。HB=陽気A252ガブリアスのストーンエッジ確定耐え。
    1回舞った控えめウルガモスなら抜けるのでそれで助かったこともしばしば。


ハッサム
特 性:テクニシャン
性 格:いじっぱり
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H236 A52 B4 D212 S4
実数値:175-172-121-×-127-86
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:とんぼがえり バレットパンチ ばかぢから おいうち
備 考:HD=臆病C252ラティオス命の玉持ち流星群2発確定耐え。
    晴れ状態でのクレセリアのめざ炎も耐える程度はできた。
    ばかぢからは思っていたより使う機会が多かった。羽休め持ちハッサムは辛い。


ラプラス
特 性:ちょすい
性 格:ひかえめ
個体値:31-30-31-30-31-30 めざ炎70
努力値:H28 B84 C248 D52 S112
実数値:209-94-109-149-122-94
持ち物:いのちのたま
技構成:ハイドロポンプ れいとうビーム 10まんボルト こおりのつぶて
備 考:S=D133調整メタグロス(実数値93)抜き。
    C=D133調整メタグロス(187-133)を命の玉ハイドロポンプで確2。
    HD=臆病C252ラティオス拘り眼鏡流星群確定耐え。同命の玉雷確定耐え。
    HB=陽気A172までのガブリアス拘り鉢巻ストーンエッジ確定耐え。
    対雨用として使うことが多かった。ニョロトノもキングドラも確2で倒せる。
    元々めざ炎搭載でハッサム等を倒していたが、氷の礫の方が使いどころが多い。


テラキオン
特 性:せいぎのこころ
性 格:ようき
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H68 A188 S252
実数値:175-173-100-×-100-176
持ち物:きあいのタスキ
技構成:インファイト にどげり ストーンエッジ つるぎのまい
備 考:H=控えめC252ウルガモス命の玉ギガドレイン+ステロダメ1回分確定耐え
    対クレセリアで交代際に剣の舞を積めればエッジ2回で落とせることもあった。
    電光石火が欲しい場面が何回かあった。


ヤドラン
特 性:さいせいりょく
性 格:ずぶとい
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H252 B252 C4
実数値:202-×-178-121-100-50
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:サイコショック かえんほうしゃ でんじは なまける
備 考:HB極振り。物理受け兼ね電磁波撒き要員。
    カイリューの逆鱗読みで出したり、雷パンチを持っていないローブシンに出す。
    火力は微妙なので負担はかけられない。ウルガモスを呼ぶので電磁波を当てたい。
    再生力で回復できるのでハッサムやボルトロスなんかと一緒にぐるぐる回したい。




いろいろレーティングで試してみて、結局初期メンバーにヤドラン等が入った感じになりました。
肝心のレートの方は1400台まで落ち込んでいるのはナイショです。


初期メンバー(サザンドラ・ハッサム・ラプラス)だとウルガモスをよく呼んでいたので、テラキオンを投入。そしてローブシン等も呼びそうだったのでヤドラン、ボルトロス霊獣を投入といった感じですね。
抜けた初期メンバーはライコウとエルレイド、スターミーです。どれも悪くはないけどウルガモスを呼ぶのであえなく辞退です。
候補として使っていた他のポケモンはニョロトノ、キングドラ、ゲンガー、ビリジオン等ですね。見て分かるように一時期雨PTとして運用してました。
最終的には思いつきでテラキオンとヤドランを投入してぶっつけ本番でしたね。

PTとして特に決まった動きはありませんが、マンムー以外のタスキ持ちが先発できそうなら大体はボルトロスでボルトチェンジしてタスキを潰しながら後ろのハッサムなんかで潰しにかかります。
場合によっては蜻蛉返りで交代読みしてみたりと臨機応変にいくと尚良いですね。
あとはボルチェンでカイリューのマルチスケイルを潰しながらテラキオンに交代すれば竜の舞をしてこようが逆鱗をしてこようが、此方はタスキで耐えるのでストーンエッジさえ当たれば倒せるといった感じに。それで1回スカーフカイリューと当たって撃沈したこともありましたが。

このままでもそれなりに戦えるとは思いますが、思ったよりハッサムが辛いですね。舞われるとどうしようもないです。あとキノガッサも辛かったですね。
特にキノガッサはラプラス・ヤドランと鈍足水を使っている上にサザンドラもテラキオンもキノガッサが辛いし、ハッサムも上からキノコの胞子撃たれるので実質ボルトロスしかまともに対策できてないですね。
とはいえ陽気の命の玉持ちマッハパンチまでならサザンドラは耐えるし、テラキオンもタスキ持ちなので実際は出されても勝てることはあります。それでも瀕死に近い状態になるので後ろのマンムーなんかの先制技で落ちてしまうので辛いことには変わりありませんがね。
そういえば、この大会ではキノコの胞子を撃たれた記憶がないですね。やはり寝言等で対策されていることが多いからでしょうか。ポイズンヒール型もほとんど見かけなかったように思います。
個人的にはテクニシャン型の方が怖いですけどね。火力がおかしいので・・・。
もう少しキノガッサに有利なポケモンを入れたいところですね。



◆バトルビデオ◆
82-69459-66650 ヘドロゲンガーは怖い
65-35132-31679 ヤドランは固い

※日数が過ぎるとおそらく見れなくなります。


バトルビデオはもう少し撮りたかったんですが、2つしか撮っていなかったです。申し訳ない。
動き方の参考になれば幸いです。対戦して下さった皆様ありがとうございました。


前回のオールスターカップの時も言いましたが、いつかは全ポケモンが使える大会が開催されることを心待ちにしています。ジラーチとかはいつになったら使えるんだろう?


ということで今日はここまでです。
それではまた。