前回記事の続きです。


◎カバルドン
タイプ:じめん
種族値:108 - 112 - 118 - 68 - 72 - 47 (525) 

特性 :すなおこし
    すなのちから
持ち物:ゴツゴツメット、たべのこし、オボンの実、こだわりハチマキ等
主な技:じしん、ストーンエッジ、こおりのキバ、ほのおのキバ、ばかぢから、じわれ
    ステルスロック、あくび、なまける、どくどく、まもる、ふきとばし等
◆考察◆ 
バンギラスと同じく「砂起こし」を持つポケモン。
バンギラスと比べると特殊耐久と素早さが下がったような感じ。タイプ相性や欠伸、吹き飛ばし、怠けるなどで差別化ができ、主にメタグロスやローブシン等には強く立ち回ることができる。
物理全般には比較的強いが、特殊系には弱め。特にウォッシュロトムには有効打がない。とはいえHD特化していればC補正有りウォッシュロトムのハイドロポンプを耐えることができる。
今はステルスロックから欠伸や吹き飛ばしでダメージを稼いでくるタイプが主流か。稀に拘り鉢巻を持たせたアタッカーも存在する。
B振りかD振りかで大きく耐久力が変わるので、パーティに合った調整をしていきたい。
◆パーティ候補◆ 
ドリュウズ・・・カバルドンのステルスロックから無双を狙う。格闘にはカバルドンがある程度強い。耐久水は辛い。
ラティオス・・・苦手な草・水に強い。氷が通りやすいので他で補うべし。
ハッサム・・・・苦手な草・氷に強い。水は通りやすいが、ステルスロックからの蜻蛉返りで相手を掻き乱すことができる。


◎マンムー

タイプ:こおり・じめん
種族値:110 - 130 - 80 - 70 - 60 - 80 (530) 

特性 :どんかん
    ゆきがくれ
    あついしぼう
持ち物:きあいのタスキ、つららプレート、こおりのジュエル、こだわりスカーフ等
主な技:つららばり、こおりのつぶて、じしん、ストーンエッジ、ばかぢから
    がむしゃら、じわれ、ステルスロック、ひかりのかべ、リフレクター等
◆考察◆ 
唯一の氷・地面タイプを持つポケモン。弱点は多い。
攻撃範囲が優秀で地面技と氷技は相性がよい。この2つが半減以下になる相手はウォッシュロトム、ヒートロトム、フロストロトム、浮遊ドータクン、フリージオ、アメタマのみ。
また、連続攻撃技である氷柱針のおかげで特性「マルチスケイル」のカイリューや身代わりを使ってくる事が多いキノガッサに強い。とはいえ、2回で止まると落としきれなかったりするので過信は禁物。
気合いの襷を持っている事が多く、ステルスロックや気合いの襷で耐えてからの我武者羅→氷の礫等で確実に仕事をこなしてくる。稀に両壁で補助をしてくることも。
特性「厚い脂肪」があるので、気合いの襷を持たせなくても耐える範囲が広がったが、ドラゴン等を相手にする場合は心もとないので気合いの襷を持たせる事が多い。

◆パーティ候補◆
 
ウルガモス・・・・・苦手なエアームド、クレセリア等に強い。後出しから蝶の舞の起点にも。水は辛め。
ウォッシュロトム・・苦手な水や炎に強い。ロトムの苦手なドラゴンにはマンムーが強い。素早い草は他に任せること。


◎ロトム
タイプ:でんき・ゴースト(みず/ほのお/こおり/ひこう/くさ) ※()内はフォルムチェンジ後
種族値:50 - 50 - 77 - 95 - 77 - 91 (440) ※通常フォルム
    50 - 65 - 107 - 105 - 107 - 86 (520) ※フォルムチェンジ後

特性 :ふゆう
持ち物:こだわりメガネ、こだわりスカーフ、オボンの実、かえんだま等
主な技:10まんボルト、ボルトチェンジ、シャドーボール、ハイドロポンプ(W)
    オーバーヒート(H)、リーフストーム(C)、ふぶき(F)、エアスラッシュ(S)
    ひかりのかべ、リフレクター、でんじは、おにび、トリック等
◆考察◆ 
第五世代でフォルムチェンジ後のタイプが変化したポケモン。おかげでタイプ一致でハイドロポンプ等が撃てるようになった。
全フォルムで共通して言えることは、基本的にはボルトチェンジでぐるぐる回したり、両壁やトリック等の補助技を絡めてくることが多い。レーティングではほとんどウォッシュロトムしか使われない。たまにヒートロトムやカットロトムを見る程度。また、スピンとカットフォルム以外は特性「型破り」の地震で弱点を突かれてしまうので注意。
通常フォルムの電気・ゴーストタイプはタイプは優秀なものの、種族値的に足りない部分が多いためか、フリーでも使われることは少ない。他フォルムと比べるとノーマルと格闘を無効化できることと90族を抜ける素早さが強みか。
ウォッシュロトムは、タイプ一致でハイドロポンプが撃て、弱点も草のみと優秀。一番よく見かけるフォルムでもある。拘り眼鏡を持って一致ハイドロポンプでごり押してきたり、電磁波やトリック、両壁等で補助をしてくるタイプもいる。耐久も高いので1発で落とすのは難しい。
ヒートロトムは、タイプ一致でオーバーヒートが撃てる。弱点は水と岩のみで優秀。他のフォルムに比べるとボルトロスやサンダーに強いところが評価できる。ヒートの場合は火炎玉をトリックすることができる。鬼火も使えるが命中率が100%で相手の持ち物を奪うことができるのがポイント。
フロストロトムは、タイプ一致で吹雪が撃てる。電気と氷の攻撃範囲は広いが、弱点は岩・炎・格闘とメジャーなものばかり。水タイプで止まらない氷タイプとしては優秀か。
スピンロトムは、タイプ一致でエアスラッシュが撃てる。弱点は氷と岩のみ。他フォルムに比べると火力不足感が否めないが、電磁波→エアスラッシュで麻痺+怯みを狙うことができる。格闘や草に対して強い。
カットロトムは、タイプ一致でリーフストームが撃てる。他フォルムより攻撃範囲は狭く弱点も多いが、蓄電ランターンや呼び水トリトドン等の他のフォルムではどうしようもない対電気性能のある水タイプや地面タイプに対して強い。
全体としてロトムを意識するなら基本的にはウォッシュロトムとヒートロトムを意識しておくとよい。

◆パーティ候補◆
 
ハッサム・・・・ウォッシュやヒートで苦手なラティオス等に強い。トンボルチェンで回すこともできる。
ヒードラン・・・ウォッシュとの相性補完は抜群。苦手なナットレイにも強い。
キノガッサ・・・ウォッシュやヒートとの相性はよい。苦手なランターンやナットレイに強い。


◎ローブシン
タイプ:かくとう
種族値:105 - 140 - 95 - 55 - 65 - 45 (505) 

特性 :こんじょう
    ちからずく
持ち物:かえんだま、どくどくだま、いのちのたま、オボンの実等
主な技:アームハンマー、ドレインパンチ、マッハパンチ、ストーンエッジ、いわなだれ
    しっぺがえし、かみなりパンチ、れいとうパンチ、ほのおのパンチ、からげんき
    なげつける、ビルドアップ、みやぶる、まもる等
◆考察◆
 
格闘タイプでトップクラスの攻撃力を持つポケモン。
A140から繰り出されるドレインパンチやマッハパンチが強力。ドレインパンチのおかげで場持ちも優秀。
BW2にて3色パンチを習得。苦手だったブルンゲルやギャラドスに雷パンチを撃てるようになり、冷凍パンチでガブリアスやカイリューにも強くなった。
特性「根性」+火炎玉型と、特性「力尽く」+命の玉型が多い。メインである格闘技は前者の方が威力が高く、後者は3色パンチの威力が高い。また、火炎玉型の場合は毎ターンダメージを受けるので耐久力が下がるため、それが嫌な場合は力尽く型の方がよいだろう。どちらにしてもドレインパンチで回復はできる。ちなみに命の珠型だとドレインパンチやマッハパンチを使うと反動ダメージを喰らうのでお忘れなく。
ゴーストタイプ相手には3色パンチか岩技、しっぺ返しぐらいしか通る技がないので比較的後出ししやすい。何よりドレインパンチで回復されないのが一番大きいか。

◆パーティ候補◆
 
ハッサム・・・・苦手なエスパーに強い。蜻蛉返りで回すことも。
ライコウ・・・・両壁や電磁波によるサポート。ロトムと違ってラティオスに対して先手で壁が貼れるのが大きい。ライコウの苦手なバンギラスやナットレイにローブシンは強い。


◎ウルガモス
タイプ:むし・ほのお
種族値:85 - 60 - 65 - 135 - 105 - 100 (550) 

特性 :ほのおのからだ
持ち物:むしのジュエル、いのちのたま、ラムの実、カゴの実、きあいのタスキ等
主な技:だいもんじ、オーバーヒート、ほのおのまい、むしのさざめき、ぼうふう
    めざめるパワー(氷・岩)、ギガドレイン、ニトロチャージ、とんぼがえり
    ちょうのまい、みがわり、おいかぜ、ねむる、ねごと等
◆考察◆ 
古代の城の地下でひっそり暮らすポケモン。BW2ではLv35で出てくる。
蝶の舞による爆発的能力アップで突破力も高い。対策していないと3タテもよくあること。
BW2にてギガドレインを習得したことにより、これまで受けで使われていたブルンゲル等の水タイプやテラキオン等の岩タイプでは受けにくくなった。更に回復技が増えた事により突破が面倒に。
炎・虫技はそれほど通りがよいわけではない。両方半減できるのはヒードラン、シャンデラ、テラキオン等がいるが、いずれも蝶の舞で積まれると厳しい。ヘドロ液ドククラゲやカイリュー、ゴウカザル等がまだ安定しているか。
雨PTの炎枠として入ることも多い。ナットレイやヌケニン対策として優秀。また、暴風が必中で使えるのも大きい。
タイプの影響でステルスロックで半分削られるので、蝶の舞対策も兼ねての吹き飛ばしやレッドカード等で強制交代させるとペースを崩せる。時々眠るを持っているウルガモスもいるので注意。

◆パーティ候補◆
ソーナンス・・・・・苦手なカイリューやガブリアス等をキャッチ。アンコールで起点作りも。
ウォッシュロトム・・相性補完はかなりよい。ボルトチェンジで無償光臨も。
マンムー・・・・・・苦手なカイリューやガブリアス等に強い。相性補完はそこそこ。ステルスロックや両壁でお膳立ても。



いかがだったでしょうか。
こうしてみると強いポケモンがたくさんいることがわかりますね。使用率が高くなるのも必然ですね。
時間的に
最初の記事で記載した青色(30匹)の考察はできなさそうですので、考察はここまでとなります。

ということでここからは簡単にPTのまとめをしたいと思います。



雨PT

ニョロトノ/すいすい枠/電気枠/ドラゴン枠/鋼枠/格闘枠
すいすい枠・・キングドラ/ルンパッパ等
電気枠・・・・ボルトロス/サンダー/ロトム等
ドラゴン枠・・カイリュー/ラティオス等
鋼枠・・・・・ハッサム/ナットレイ/メタグロス等
格闘枠・・・・ドクロッグ/テラキオン/キノガッサ/ヘラクロス等
その他・・・・ウルガモス/マンムー/ハピナス等

ニョロトノで雨を降らして戦うPT。キングドラが範囲的に優秀なので大体の雨PTには入る。
ハピナスやナットレイ、ヌケニン対策として岩技持ちの格闘枠はほぼ必須。あとは貯水対策に電気タイプ等や同じ雨PT相手に立ち回りやすくするためのナットレイやハピナスを入れておけば大体は完成する。
雨が止むと一気に弱体化するので、可能な限りニョロトノは大事に使うこと。


砂PT
砂起こし枠/砂アタッカー枠/格闘枠/ドラゴン枠/鋼枠/水枠
砂起こし枠・・・・バンギラス/カバルドン
砂アタッカー枠・・ランドロス/ドリュウズ/サンドパン/ガブリアス等
格闘枠・・・・・・ローブシン/バシャーモ/キノガッサ等
ドラゴン枠・・・・ラティオス/ガブリアス/カイリュー等
鋼枠・・・・・・・ハッサム/メタグロス/ヒードラン等
水枠・・・・・・・スイクン/ヤドラン/ロトム/ギャラドス等
その他・・・・・・ウルガモス/ボルトロス等

砂嵐状態で戦うPT。バンギラスとカバルドンのどちらを軸にするかで後ろも大幅に変わる。
他の天候PTと違って天候を変えられてもドリュウズ以外はあまり痛くない。また、バンギラス・カバルドンともに後出しがしやすいのですぐ戻せる。
全体的に能力が高いのでうまく役割を持たせてやりたい。


晴れPT
キュウコン/晴れアタッカー枠/格闘枠/
ドラゴン枠/鋼枠/氷枠
晴れアタッカー枠・・ウルガモス/シャンデラ/フシギバナ等
格闘枠・・・・・・・ローブシン/キノガッサ/ビリジオン等
ドラゴン枠・・・・・カイリュー/ガブリアス/ラティオス等
鋼枠・・・・・・・・ヒードラン/メタグロス/ハッサム等
氷枠・・・・・・・・マンムー/パルシェン等
その他・・・・・・・クレセリア/サンダー/スイクン/ハピナス等

キュウコンで天候を変えながら戦うPT。
キュウコンとアタッカー枠で炎枠が2体になることが多いので、ドラゴン対策としてドラゴンや氷タイプを入れていることが多い。ドラゴンが辛いのと自らドラゴンも使うので鋼枠も必要とし、ハピナスやバンギラス等用の格闘枠も欲しいので、入るものは大体決まってくる。
他の天候と比べてキュウコン自体の後出し性能が高くないのでいかに晴れを維持できるかが課題となる。


対面構築PT
ドラゴン枠/鋼枠/水枠/格闘枠/電気枠/補完枠
ドラゴン枠・・カイリュー/ラティオス/ガブリアス等
鋼枠・・・・・ハッサム/ヒードラン/ルカリオ等
水枠・・・・・スイクン/パルシェン等
格闘枠・・・・キノガッサ/ローブシン/ゴウカザル等
電気枠・・・・ボルトロス/ロトム等
補完枠・・・・マンムー/クレセリア/ウルガモス/バンギラス等

対面構築は1匹で1体倒すことができれば、先に3体目を落とせるので勝てるという簡単な考え方。
故に高種族値、高火力な技で押しながら先制技で仕留める感じが多い。
受けループに弱いらしいので、ゴウカザルやバンギラス等で対応できるようにしたい。
先発を読める人向け。


こんな感じでしょうか。
どのPTでも言えますがどこかの枠を1つ切って、2枠使ったりすることもあるかと。
霰PTは見ないので割愛。ユキノオースタンは結構見るけど、スタン系は統一感がいまいち掴めなかったので書きませんでした。
複合天候もよく分からないので割愛。その辺はそれぞれ調べると出てきそうではありますけどね。

あくまでもテンプレ構成ですのでいじりようによっては大分形が変わるところもあるかもしれません。
ポケモン例もあくまで使用率が高いものを記載しているだけですので、ズルズキンやブルンゲル等の書いていないポケモンの採用も十分考えられます。参考程度に。


ということで考察の方は以上となります。
今週末にはPT登録が開始しますね。まだ私自身のPTは決めていませんが、早めに決めておきたいですね。
いろいろ忙しい時期ではありますが、時間を見つけて育成等も進めていきたいです。
ということでこの辺で。
それではまた。